【サッポロクラシックカップ2018予想】今度は逆転!④番グリードパルフェ

某競馬専門紙の穴担当です。

早いもので、もう10月も終わり。そーこーしているうちに有馬記念が終わり、こんなオマケみたいな開催いらねーよー!と言ってるホープフルSで逆転を狙い、なんのなんのまだ東京大賞典があるじゃないか!と言い、すぐに金杯だしいっかと言ってるんでしょうね。

もうこんなことを何十年と飽きもせずにやってるんですから、競馬が好きでよかったなと笑

さて、明日の門別競馬場で行われる重賞「サッポロクラシックカップ」の展望を。

頭数が6頭と少ないですが、メンバーはなかなか強力。そのメンバーがこちら。

 1 スティールティアラ 54 阿部龍
 2 レスプレンデント  54 五十嵐
 3 アンビグラム    54 石川倭
 4 グリードパルフェ  55 井上俊
 5 エムオータイショウ 55 桑村真
 6 グローリアスライブ 54 伊藤千
エーデルワイス賞で5着と見せ場を作ったスティールティアラが実績№1ですが、エムオータイショウが勝ったウィナーズチャレンジもハイレベル。頭数のわりに順番付けが難しい一戦と言えそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッポロクラシックカップ2018予想

◎④番グリードパルフェ
○⑤番エムオータイショウ
▲①番スティールティアラ
△③番アンビグラム
△⑥番グローリアスライブ

本命は④番グリードパルフェ

前走はスタートでまともに遅れる不利。結果的に行った行ったの好時計決着でしたから、後ろからではさすがに厳しかったですね。

それでも、エーデルワイス賞3着のエムティアンとは0秒6差だけで、自身も1分14秒2と上々の時計で走れましたから、逆転ができたかどうかはさておき、少なくとも差はもっと詰まっていたはずです。

今回はひと息後を叩いての上積みも見込めますし、距離も2度目。フレッシュの時のような先行策なら、あっさりと巻き返せるでしょう。母父メジロマックイーンという点も、なんだか大物感が漂います。

対抗は⑤番エムオータイショウ

前走時計(1分13秒3)には、さすがに一目置かなくてはいけませんし、レース振りにも安定感があります。桑村騎手がエーデルワイス賞5着のスティールティアラではなく、こちらを選んだことからも、期待度の高さが窺えます。

単穴が①番スティールティアラ

前走のエーデルワイス賞は、インを突いて直線入口では早くも先頭。最後は外から伸びてた馬に差されはしましたが、厳しい展開を動いた内容は着差以上のものでした。今回も同様の競馬ができそうな枠ですから、当然チャンスは十分。

馬券は④番の単勝と、④-①⑤番への馬連。3連なら④-①⑤-③⑥番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018


この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする