【不来方賞2018予想】2000mあれば馬券内。③番ダージリンクーラー

スポンサーリンク

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

明日はいよいよ菊花賞・・・ですが、地方競馬をこよなく愛する当ブログでは、同等に扱わなくてはいけない一戦があります。

それが盛岡競馬場で行われる「不来方賞」

まず、レース名を何と読むか。ここから始まる一戦ですが、実は私も数年前まで読めませんでした。そこで隣の後輩に確認してみたところ

「えっ?ふらいほうじゃないんですか? えっ?ふうらいぼう?」

と、予想通りの返答。まぁ、読めないですよね。大物(だいもつ)駅ぐらい読めないです。

これは、「こずかたしょう」と読みます。ウィキペディアさんに教えてもらったところ、現在の盛岡市を指し示す言葉なんだとか。学生時代に勉強せず、スポーツ新聞ばかり読んでいた自分に喝を入れてやりたいですね。

過去5年を見てみると、村上忍騎手が3勝(14年ライズライン・15年ダイワエクシード・16年エンパイアペガサス)を挙げて単独トップ。6年前にはロッソコルサでも勝っていますから、過去10年まで手を広げると計4勝。文句なしに不来方賞男。

今年も④番チャイヤプーン(戸塚記念◎でブログのアクセスが上昇しました)ですから、この記録がさらに伸びることは濃厚。相手探しの一戦でいいでしょう。

山本聡騎手騎乗、4戦4勝の⑦番サンエイキャピタルが当面の相手となりそうですが、距離が延びてどうか?という面がありますし、転入緒戦快勝の⑨番ウインルーカスも、短距離志向のアドマイヤムーン産駒。どうしても距離不安がつきまといます。

2着馬に2秒4差をつけた②番スズヨブラックは、フットワークが大きく距離延長大歓迎ですが、前走はC級相手。ここは一気の相手強化となります。

そこで狙ってみたいのが、③番ダージリンクーラー

転入緒戦の前走は、古馬混合のB2戦。3角手前から手が動き始め、4角~直線入口では最後方まで下がってしまいましたが、盛り返す脚を見せて0秒6差の4着。

のんびりした気性と、中央在籍時の成績(ダ1800m2着、ダ1900m4・5着)からもマイルよりも中長距離が合うことは確か。チャイヤプーン逆転はさすがに無理としても、2~3着なら十分チャンスがありそうです。

オッズがわからないので何とも言えない部分はありますが、馬券は③-④番の馬連(単枠なので枠連のほうがつく可能性も)とワイド。3連複2頭流しもイイかもしれませんね。菊花賞のあとは不来方賞です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク