【富士ステークス2018予想】東京1600mでこその③番デンコウアンジュ

某競馬専門紙の穴担当です。

昨日はバタバタしてしまい、ブログをお休み。少し空いた時間に急遽、川崎競馬noteだけ更新しましたが、難しかったですね。

船橋所属馬に目をつけて徹底的に狙いましたが、9Rは2着エスシーカレントに◎も勝ったドリームパッカードがヌケ。10Rは7番人気ゴールドリーガルでしたが、見せ場を作ったところで息切れ。

最終11Rも1着同着6番人気モリトカチグリに◎を打ちましたが、勝ったラディオサはさすがに無理で・・。本命馬がそれなりに頑張ってくれましたが、相手が拾えませんでした。

気分よく週末を迎えたかったのですが、仕方がありません。自力で引き寄せましょう。

今日のメインは、東京競馬場で行われる富士ステークス。

昨年のマイルCS1着ペルシアンナイト、2着エアスピネルがここから始動。これにヴィクトリアマイル3着のレッドアヴァンセに、ロジクライ、ワントゥワンなど夏場を使ってきた馬も参戦。フルゲートでいかにも混戦。大波乱も十分でしょう。

では早速予想の方へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

富士ステークス2018予想

◎③番デンコウアンジュ
○⑥番エアスピネル
▲⑱番ジャンダルム
△⑧番ロジクライ
△⑪番ワントゥワン
△④番ウインブライト

本命は③番デンコウアンジュ

2015年のアルテミスSを12番人気で快勝、2017年のヴィクトリアマイル2着も11番人気と、走っても走っても人気にならないタイプ。ここまで22戦で1番人気に推されたことは、一度ないように典型的な穴馬と言ってもいいでしょう。

買い時が読みづらいことは確かですが、東京1600mがピッタリということは間違いありませんし、5走前の東京新聞杯でも0秒3差4着ですから、牡馬相手(勝ったのはリスグラシューですが)でも能力減はありません。

そして今回はデータも後押し。過去10年の勝ち馬のステップを見てみると、京成杯AH・安田記念・ダービー卿CT組が1勝ずつに対して、オープン特別のポートアイランドS組は最多の2勝。今回このステップなのは、デンコウアンジュだけなんです。

今週の栗東坂路は、走りやすい馬場で時計が出やすかったとはいえ、52.8-38.2-11.9なら悪くありませんから、ひと叩きされての上積みも十分。

東京1600mはデンコウアンジュの庭です。

対抗が⑥番エアスピネル

何かが足りない馬ですが、手堅さを高評価。馬場が渋ればアッサリもありそうですが・・・。

単穴が⑱番ジャンダルム

意外にも距離が保つという評価でしたが、何だかんだで結局この路線へ戻ってきました。ステファノス、ダノンプラチナなど3歳馬の活躍が多い一戦でもありますから、この馬も十分チャンスがあるでしょう。

以下、⑧番ロジクライ、⑪番ワントゥワン、④番ウインブライト。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする