【エーデルワイス賞2018予想】今年もやっぱりサウスヴィグラス

某競馬専門紙の穴担当です。

今週は重賞レースが目白押し。まずは16日(火)門別競馬場で2歳重賞「エーデルワイス賞」。翌17日(水)は「瑞穂賞」と、川崎競馬場では「鎌倉記念」が行われます。

まずは、門別で行われるエーデルワイス賞から予想していきたいと思います。まずは出走メンバーから。

 1 タイムゴールド   54 井上俊
 2 ヒストリコ     54 田辺
 3 ファーストメロディ 54 阪野
 4 カシノティーダ   54 五十嵐冬
 5 オスピリタ     54 服部茂
 6 レコードチェイサー 54 阿部龍
 7 スティールティアラ 54 桑村
 8 ケイゴールド    54 戸崎
 9 シェリーアモール  54 笹川
10 グレイアンジェラ  54 吉原寛
11 エムティアン    54 矢野
12 キスミーローズ   54 岩橋
13 レスプレンデント  54 井上幹
14 パレスラブリー   54 宮崎光
15 デンバーテソーロ  54 吉田隼
16 アークヴィグラス  54 石川倭
(太字がJRA所属馬)

過去10年、北海道5勝、JRA5勝(関東馬3勝、関西馬2勝)と互角の数字。どうしてもJRA勢に押されることが多い交流重賞の中では珍しく、地方勢の奮起が目立つ一戦であります。

今年のJRA勢では、⑧番ケイゴールドが人気の中心でしょうか。前走は中山ダ1200mを1分12秒7での好時計勝ち。牝馬にしては馬格もあって、タフな地方馬場の適性も高そうです。

でもエーデルワイス賞では、絶対に押さえておかなければいけないポイントがあるんですよね。その点を踏まえての予想がコチラ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エーデルワイス賞2018予想

◎⑦番スティールティアラ
○⑯番アークヴィグラス
▲⑫番キスミーローズ
△⑤番オスピタリタ
△⑪番エムティアン
△②番ヒストリコ

エーデルワイス賞と言えば、サウスヴィグラス産駒。

ここまでハニーパイ、タイニーダンサー、ストロングハートと3頭の勝ち馬を送っていて、2、3着にも多数の産駒が顔を出しています。

ちなみに昨年はワンツー決着で、過去10年で産駒が3着に入らなかったのは、08・11年の2回だけ(09・10年は産駒不出走)。非常に高い信頼性を誇っていますね。

ここまで明らかな傾向、データがあるなら、当然乗っかるしかありません。

本命は⑦番スティールティアラ

角川-桑村最強ラインのサウスヴィグラス産駒。前走は2着とはいえ、1600mをこなしたこと。そして番手追走でも問題がなかったことなど、とにかく収穫の多い一戦でした。

ここは逃げ馬が何頭かいますから、2番手で我慢が利いた前走経験が生きるはず。角川厩舎のエーデルワイス賞6勝目は、この馬が決めてくれるでしょう。

○▲ももちろんサウスヴィグラス産駒。そして△以下は、サウスヴィグラス産駒と同じエンドスウィープ直仔のスウェプトオーヴァーボード産駒の⑤番オスピタリタと、②番ヒストリコ。あとはスウェプトオーヴァーボード直仔パドトロワ産駒の⑪番エムティアン。

馬券は⑦番からの馬連と3連複流し。あとは⑦⑫⑯番のサウスヴィグラスBOXも押さえましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする