【秋華賞2018予想】アーモンドアイの相手はこの3頭

某競馬専門紙の穴担当です。

明日はいよいよ秋華賞。そして秋華賞と言えば、やっぱり波乱。

平成生まれの後輩に聞くと、波乱の秋華賞と言えば2008年11番人気1着のブラックエンブレムだそうですが、昭和生まれにとっては、やはり1999年1着ブゼンキャンドルでしょう。

1番人気トゥザヴィクトリーは、復帰戦のローズSで4着と不安満載でしたし、2番人気ヒシピナクルも一気の相手強化。3番人気フサイチエアデールも距離?でしたから、ワクワクしてマークシートを塗ったことを覚えています。

ブゼンキャンドルは”狂気”とも言われたモガミの産駒でしたから、これは一発あるなと。そしてメジロマックイーン産駒のメジロサンドラ、○外のレッドチリペッパー、ブライアンズタイムの底力に期待してピサノガレー。確か、馬券はこの4頭ボックス。2着クロックワークも一瞬考えたのですが、「関東馬はなぁ・・・」と言って消しました。この頃からセンスないなぁ。

では今年の出走メンバーをざっと。

 1 ラテュロスあああああ55 秋山
 2 カンタービレああああ55 武豊
 3 スカーレットカラー55 岩田
 4 ランドネああああああ55 戸崎
 5 サラキアああああああ55 池添
 6 パイオニアバイオああ55 柴田善
 7 ラッキーライラック55 北村友
 8 トーセンブレスあああ55 藤岡佑
 9 サトノガーネットああ55 浜中
10 オールフォーラヴああ55 幸
11 アーモンドアイあああ55 ルメール
12 オスカールビーあああ55 川須
13 ミッキーチャームああ55 川田
14 ゴージャスランチああ55 横山典
15 ハーレムラインあああ55 大野
16 プリモシーンああああ55 北村宏
17 サヤカチャンああああ55 高倉
18 ダンサールあああああ55 デムーロ

注目アーモンドアイは真ん中の11番枠。と言っても、好位直後から運べたオークスを見ればもう展開、位置取りに左右されることはありませんから、どこでもいいでしょう。逆らっちゃダメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋華賞2018予想

タイトルにもあるように、今年はアーモンドアイの相手探し。その1頭目が⑧番トーセンブレス

前走のローズSは好位の競馬となりましたが、スローペースだったのでこれは正解。それで止まったのは、御行儀のいい競馬は合わないということでしょう。

阪神JF、桜花賞4着と能力は確かですし、阪神コースの経験も十分。本来の控える形なら、まだまだ巻き返すチャンスはあります。

続いて⑯番プリモシーン。関屋記念からの臨戦と異例のステップとなりますが、フェアリーS・関屋記念とも久々での快勝。間隔があいてのマイナスはありませんし、ペースが速くなる京都内回りも合うタイプ。外目の枠も好材料です。

最後が⑥番パイオニアバイオ。母は、アパパネが3冠を達成した2010年2着のアニメイトバイオ。それ以来の3冠馬誕生となるかという年に、娘が出てくるんですからこれもまた競馬のオモシロイところかなと。

前走の紫苑Sはいかにも試走といった感がありましたし、ここは本来の先行策も可能。いぶし銀・柴田善騎手の手綱さばきにも期待したいところですね。

最後にオカルト的データを。

過去20年で関東馬が秋華賞を制したのは、2008年のブラックエンブレム、2010年のアパパネの2回だけ。圧倒的に関西馬が強いわけですが、実は関東馬が勝ったこの2年だけは、勝ち馬に呼応するように関東馬が奮起しているのです。

2008年は、小島茂厩舎所属のプロヴィナージュが16番人気3着と快走。2010年は1着アパパネ(国枝)2着アニメイトバイオ(牧)3着アプリコットフィズ(小島太)と、関東馬が上位を独占しました。

「関東馬が勝てば、2~3着にも関東馬が来る。」

今年もこのケースに期待しましょう。

馬券は馬連・ワイド⑪-⑥⑧⑯番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする