【大原ステークス2018予想】立て直した⑧番ナリタエイトに再注目

某競馬専門紙の穴担当です。

今週は京都競馬場で、3歳牝馬クラシック最終戦の秋華賞が行われます。焦点は、アーモンドアイの3冠達成なるかどうかですが、稽古の動きも抜群でしたから、かなり濃厚ではないのかなと。

馬券的には相手探しの一戦となりそうですが、そのあたりはまたのちほど。まずは土曜日の競馬を攻略していきましょう。

今日の京都メインは、1600万下のハンデ戦「大原ステークス」。注目は、タニノフランケルに武豊騎手が騎乗することでしょうね。パドックはちょっと盛り上がりそうですが、まずは出走メンバーから。

 1 アドマイヤエイカン 56 浜中
 2 メイケイレジェンド 54 富田
 3 タイセイアプローズ 54 松山
 4 アテンフェスタあああ54 太宰
 5 メイショウキトラああ52 畑端
 6 タニノフランケルああ53 武豊
 7 アクートああああああ55 藤岡佑
 8 ナリタエイトああああ53 松若
 9 サトノグランああああ55 藤岡康
10 スズカルパンああああ54 和田
11 ケンホファヴァルト 56 川田

トップハンデは、①番アドマイヤエイカン、⑪番ケンホファヴァルトの56キロ組。最軽量は、⑤番メイショウキトラの52キロとなっています。それほど上下差はない印象ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大原ステークス2018予想

◎⑧番ナリタエイト
○⑪番ケンホファヴァルト
▲①番アドマイヤエイカン

本命は⑧番だから・・・という訳ではありませんが、ナリタエイト

昇級後の前4走がすべて惨敗。クラスの壁にあたった感も無きにしも非ずですが、少し他馬を気にする気性の持ち主。

2~4走前は内目の枠で力を出し切れなかったところがありましたし、外枠があたった前走は、東京遠征から戻っての中1週。状態面がホンモノではありませんでした。

今回は一息入れて立て直してきましたし、枠も外目。京都芝1800mで1000万を勝っていますが、その時の2着馬トリオンフはそこから3連勝で小倉大賞典制覇ですから、この馬だって能力は十分。今回でダメなら、もう諦めちゃいます。

対抗が⑪番ケンホファヴァルト

以前までの逃げ一辺倒ではなく、ここ2戦は番手、好位から脚を伸ばしての2着好走。一皮むけた印象がありますし、ここはタニノフランケル、アテンフェスタなど行きたい馬が複数。展開に左右されない強みは魅力でしょう。

単穴が①番アドマイヤエイカン

札幌2歳Sを勝ち、京都芝2000mで1000万勝ち。確かに2200~2400mあたりがベストの感もありますが、2000mが極端に短いということもありません。前走はスコフィールド騎手の超絶早仕掛けもありましたが、逆にいい刺激にもなったはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする