【大原ステークス2018予想】立て直した⑧番ナリタエイトに再注目

某競馬専門紙の穴担当です。

今週は京都競馬場で、3歳牝馬クラシック最終戦の秋華賞が行われます。焦点は、アーモンドアイの3冠達成なるかどうかですが、稽古の動きも抜群でしたから、かなり濃厚ではないのかなと。

馬券的には相手探しの一戦となりそうですが、そのあたりはまたのちほど。まずは土曜日の競馬を攻略していきましょう。

今日の京都メインは、1600万下のハンデ戦「大原ステークス」。注目は、タニノフランケルに武豊騎手が騎乗することでしょうね。パドックはちょっと盛り上がりそうですが、まずは出走メンバーから。

 1 アドマイヤエイカン 56 浜中
 2 メイケイレジェンド 54 富田
 3 タイセイアプローズ 54 松山
 4 アテンフェスタあああ54 太宰
 5 メイショウキトラああ52 畑端
 6 タニノフランケルああ53 武豊
 7 アクートああああああ55 藤岡佑
 8 ナリタエイトああああ53 松若
 9 サトノグランああああ55 藤岡康
10 スズカルパンああああ54 和田
11 ケンホファヴァルト 56 川田

トップハンデは、①番アドマイヤエイカン、⑪番ケンホファヴァルトの56キロ組。最軽量は、⑤番メイショウキトラの52キロとなっています。それほど上下差はない印象ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大原ステークス2018予想

◎⑧番ナリタエイト
○⑪番ケンホファヴァルト
▲①番アドマイヤエイカン

本命は⑧番だから・・・という訳ではありませんが、ナリタエイト

昇級後の前4走がすべて惨敗。クラスの壁にあたった感も無きにしも非ずですが、少し他馬を気にする気性の持ち主。

2~4走前は内目の枠で力を出し切れなかったところがありましたし、外枠があたった前走は、東京遠征から戻っての中1週。状態面がホンモノではありませんでした。

今回は一息入れて立て直してきましたし、枠も外目。京都芝1800mで1000万を勝っていますが、その時の2着馬トリオンフはそこから3連勝で小倉大賞典制覇ですから、この馬だって能力は十分。今回でダメなら、もう諦めちゃいます。

対抗が⑪番ケンホファヴァルト

以前までの逃げ一辺倒ではなく、ここ2戦は番手、好位から脚を伸ばしての2着好走。一皮むけた印象がありますし、ここはタニノフランケル、アテンフェスタなど行きたい馬が複数。展開に左右されない強みは魅力でしょう。

単穴が①番アドマイヤエイカン

札幌2歳Sを勝ち、京都芝2000mで1000万勝ち。確かに2200~2400mあたりがベストの感もありますが、2000mが極端に短いということもありません。前走はスコフィールド騎手の超絶早仕掛けもありましたが、逆にいい刺激にもなったはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
11日も無料で見れる指数で儲けちゃいましたよ!

東京1R2歳未勝利  (指数順位6位⇒4位⇒1位60,700円)
東京4R2歳未勝利  (指数順位1位⇒6位⇒5位30,760円)
東京11Rオーロカップ(指数順位4位⇒5位⇒3位35,370円)



そして・・・・
京都3R2歳未勝利  (指数順位4位⇒3位⇒1位48,010円)
3着メリーメーキング4番人気(指数は1位)でしたが12.1倍
1着マイネルウィルトス5番人気(指数は4位)15.1倍

こういう2頭が指数上位で2頭くるとワクワクしてましたが、案の定3連単48,010円的中してたので、やっぱり頼もしいですねコラボ指数。
京都は7レースも指数上位で的中。エリザベス女王杯も指数値30以下で決着してましたね。

さあ!!今週はマイルCSですね。
去年の指数データ見ると上位馬で的中してるので、これは週末気になります。
各会場1~6レースとマイルCSは週末無料で、全レース見てもコラボ放題プランで月1,980円なのでこの情報量と的中率ならOKですよね?!
まずははじめての方は1~6レースとマイルCSを無料で見てみてください。

メルマガ購読CLICK(1~6R+マイルCS指数データ付)
迷ったらコラボ指数ですよ~!!確認メールきたらクリックしてログイン。
今週のコラボ指数を見てくださいね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする