【レディスプレリュード2018予想】狙える穴馬は、この3頭

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の東京盃、そしてサンライズカップと予想を更新しましたが、ともに見せ場なく惨敗。

「いくら穴狙いだとしても、当たりませんね」

とのDMも頂いちゃいまして、ハートが少しだけ折れましたが、一晩寝たら回復。単純です。

まぁ、人気馬を選んで解説しても意味がありません(皆さんわかっているからの人気馬なわけで)から、今日ももちろん穴狙い。馬券は自己責任でお願いします笑

では参ります。今日のメインは、大井競馬場で行われる牝馬重賞「レディスプレリュード」。

昨年の勝ち馬クイーンマンボと、3着アンジュデジール。そして鞍上にモレイラ騎手を配してきたプリンシアコメータ。この3頭で決まっても正直納得しかありませんが、これじゃあつまらない。

そこで今回は血統に頼った馬券術で攻めてみたいと思います。

注目すべき血統は、クロフネ

地方馬場に滅法強いのは知られたところですが、実はこのレースとも好相性。

17年2着ホワイトフーガ
16年2着トーコーヴィーナス、3着ホワイトフーガ
15年3着ホワイトフーガ
12年3着ダートムーア

ほぼホワイトフーガのおかげとも言えますが、ダートムーアは6番人気。トーコーヴィーナスは9番人気でしたから、買って損はない人気だったとも言えます。

今年はクロフネ産駒はいませんから、変化球気味で「母父クロフネ」を狙います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レディスプレリュード2018予想

⑫番ブランシェクール

まずは⑫番ブランシェクール。年明けのTCK女王盃2着。ここ2戦は5、6着と案外ですが、ともに距離が合わなかった印象も。

JRA在籍時挙げた3勝はすべて1800mですし、先述の女王盃も1800m。この距離ベストは間違いなく、大型馬で窮屈な競馬が合わないタイプ。外枠も大歓迎。

昨日の門別では1番人気をすっ飛ばしちゃった吉原騎手ですが、ここは名誉挽回、汚名返上の大チャンスです。

⑩番ラインハート

もう一頭が⑩番ラインハート。転入緒戦となった17年JBCレディスクラシック3着には驚かされましたが、その後もクイーン賞3着、TCK女王盃3着、エンプレス杯4着など、中央馬相手とも互角の競馬。

以降、足踏みが続きますが、もうダメだと思った時こそ復活するのが「適性の力」。クロフネの血が目覚めます。

⑤番ジュエルクイーン

そして最後が⑤番ジュエルクイーン。前走はステップオブダンスとの熾烈な叩きあいを制しての快勝。今回が南関東への移籍緒戦となりますが、とにかく勢いがあります。

交流重賞では入着が精一杯ですが、昨年のレディスプレリュード6着、船橋・クイーン賞6着など決定的な差は感じません。乗り慣れた五十嵐騎手に依頼してまで臨む一戦ですから、状態面もいいのでしょう。

馬券は⑤⑩⑫番のワイドBOX、⑤⑨⑩⑫⑭の3連複BOX。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする