【白山大賞典2018予想】ここも新子&下原コンビ。タガノヴェリテ◎

おつかれさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

本日は順延となった阪神競馬の開催がありますが、当ブログは地方競馬に力を入れていますから、取り上げるべきレースは、当然金沢競馬場で行われる「白山大賞典」になります。

今の金沢は、とにかく逃げないとダメな馬場。直線一気の大逆転劇はほぼなく、内枠&逃げ~先行馬が狙いとなります。

その点を踏まえて・・・となると、どうしても中央馬中心の馬券になってしまうんですよね。それじゃあつまらない!ということで、当ブログではしっかりと穴馬を推奨したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白山大賞典2018予想

◎⑦番タガノヴェリテ
○⑥番ミツバ
▲⑤番カツゲキキトキト
△⑪番グリム
△⑧番センチュリオン

本命は⑦番タガノヴェリテ

元JRA4勝の実績馬ですが、オープンでは【0-0-0-5】。正直、壁にあたったとも言えますが、その内の1戦は芝2000mでしたし、終い重視の競馬に固執しすぎた感もあります。

相手関係もありますが、園田移籍後の3戦はいずれも中団から流れに乗った競馬ができていますし、全9勝が右回りという点にも注目。父ハーツクライで距離延長も好材料ですから、右2100mはベスト舞台のような気がします。

黒船賞(エイシンヴァラー)、サマーチャンピオン(エイシンバランサー)の2重賞を制して、もう交流重賞でも無視のできない存在となった、新子&下原コンビ。ここも十分勝負になる計算でしょう。

対抗が⑥番ミツバ。特に説明は不要ですね。

単穴が昨年の2着馬でもある⑤番カツゲキキトキト

ひと頃の不振からは完全に脱した印象ですし、先行有利の金沢の馬場ともバッチリ合うタイプ。雪辱のチャンスも十分。

あとはレパードSを快勝の3歳馬⑪番グリム。距離実績が買える⑧番センチュリオンまで。

⑨番ドンフォルティスは、2000m以上になるとパフォーマンスがガクンと落ちるヘニーヒューズ産駒ですし、現にジャパンダートダービーも終いバッタリでしたから、2100mが合うとは思えません。

⑩番マイネルバサラも本来の先行力、粘りが戻って来れば侮れない存在ですが、前走のBSN賞はスローの前残り競馬。5番手追走から着順を落としてしまったように、復調気配が見えてきません。

馬券は⑦番の単複。あとは◎→○▲△△への馬連・3連複。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
1~6レースで軍資金GETできたデータ!そのままプラスを菊花賞へ(PR)
━━━━━━━━━━━━━━━━⇒


14日無料指数的中速報】京都1~6レースで5レース3連単的中!
かつ指数上位6頭BOXそのまま購入でも76,880円プラス収支!
━━━━━━━━⇒こういうとこで稼いでるんですね?!
メールアドレス登録後、確認メールをクリックしたらログインできます。
⇒週末1~6レースと菊花賞の指数データを見る(無料)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする