【秋の鞍2018予想】今年は、サムライドライブvs南関東勢

WikiImages / Pixabay

某競馬専門紙の穴担当です。

今日の名古屋競馬メインは、3歳重賞「秋の鞍」。

今年から、1600→1800mへと距離が延びて行われる一戦。16年、17年と地元勢が優勝。今年も大将格サムライドライブが出てきましたから、3連覇も十分でしょう。

しかし今年は少し雰囲気が違います。園田オータムトロフィーの創設に伴い、園田勢の参戦はありませんが、南関東から計4頭が参戦。

いずれも脈ありですから、今年の構図は「サムライドライブvs南関東勢」。これでしょう。

では予想の方へ。先日のオーバルスプリントでは、ブログアクセスUP+置きに行った予想でエライ目に遭いましたから、しっかりと穴馬をチョイスします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋の鞍2018予想

◎②番スプリングマン
○⑫番サムライドライブ
▲⑤番ジョーグランツ
△⑨番ツーエムアリエス

本命は②番スプリングマン

左回り【2-1-0-3】に対して、右回り【0-0-0-5】。数字だけを見れば、はっきりとサウスポーですが、右回り5戦はすべて大井。

船橋・川崎での好走が多いということは、軽い砂の方が合うということですから、タフな大井の馬場は、この馬にはまったく合わないということです。回り云々ではなく、あくまでも馬場適性の差とみます。

2走前の黒潮盃で繁田騎手がかなり気合を入れて先行させましたから、前走はすんなりと先行できましたし、おそらくここも楽に先行できるはず。

内のマーメイドモアナの前に入れれば、ラチを頼った競馬ができますから、その形になれば最後のひと踏ん張りに期待してもいいでしょう。

浦和→大井のリレー開催にも関わらず、この一鞍のために遠征してきた張田昂騎手。ここは結果を出さなくてはいけない一戦です。

対抗が⑫番サムライドライブ

前走の東海ダービーで連勝が途絶えましたが、悲観する内容ではありませんでした。戻ってからの調整も順調そうですし、仕切り直しの一戦。

単穴が⑤番ジョーグランツ

2走前4着で勢いが止まったかと思えましたが、前走で即軌道修正。このあたりが小久保厩舎の手腕とも言うべきでしょうが、それに応えた馬も立派ですね。ここは前が流れそうな顔ぶれでもありますから、この馬の瞬発力には注意をしなくてはいけません。橋本騎手の初重賞制覇?もかかっていますから。

今年は南関東勢優勢とみました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする