【第55回 東京記念2018予想】重~不良馬場なら②番ステージインパクト

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

大井初日は、終日「不良馬場」での競馬。差し~追い込み勢の台頭もありましたが、トータルで言えばやはり前有利の馬場コンディション。おそらく劇的な馬場回復は見込めませんから、2日目も脚抜きのいい馬場。東京記念は適性が求められそうですね。

では、早速予想の方へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第55回 東京記念2018予想

◎②番ステージインパクト
○⑯番ウマノジョー
▲⑧番クラージュドール
△⑤番キングミニッツ
△④番シュテルングランツ
△⑥番カツゲキキトキト

本命は②番ステージインパクト

シーズン緒戦となったコスモバルク記念は8着と振るいませんでしたが、その後3→1→1着と上昇カーブ。前走の向日葵特別では、4角先頭から押し切るこの馬本来の姿。一戦ごとの上積みが大きく、もうここからの体調下降はあり得ません。

そして特筆すべきは、重馬場での強さ。ここまで12勝を挙げていますが、重馬場時の成績が【6-1-1-0】。すべて馬券内に入っており、オヤコダカを下した昨年の道営記念も不良馬場。とにかく脚抜きのいい馬場では、パフォーマンスがグンと上がるタイプなんですね。

園田在籍時に六甲盃(2400m)5着と距離実績はありませんが、当時とは馬が違います。トビが大きく、本質的にはステイヤーだと思いますので、ここは絶好の舞台。馬場の後押しも加味すれば、十分勝負になる計算です。

対抗が⑯番ウマノジョー、単穴が⑧番クラージュドール

△では⑤番キングニミッツに注目。前走のトゥインクルバースデー賞では、最後インを突いて差し切る味な競馬。もともと長距離実績もありますし、ソツなく立ち回れるレースセンスは大きな強みです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする