【第20回 ジュニアグランプリ2018予想】芝で見直す①番サンエイフラワー

某競馬専門紙の穴担当です。

3日開催のなかび。今日は注目の一戦、ローズSが行われますが、そのあとも競馬は続きます。

盛岡競馬場では、2歳重賞のジュニアグランプリが行われます。発走17:10ですから、中央が終わってからでも十分間に合いますね。ありがたい。

過去10年の勝ち馬を見てみると、北海道勢が7勝で地元勢が3勝。はっきりと地元劣勢の傾向が出ています。今年も北海道から5頭(⑥番リンゾウチャネル・⑧番イコライザー・⑨番ライズインザノース・⑫番ピュアセレニティー・⑭番アンビートゥン)が出走してきましたし、なかなか強力なラインナップ。レベル差ということなら、南関東浦和所属の⑤番ノーブルトリトンも侮れないところでしょう。

今年も他地区勢で・・・の雰囲気もありますが、ナンノナンノ。地元勢もなかなかいいんですよね、今年は。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第20回 ジュニアグランプリ2018予想

◎①番サンエイフラワー
○⑨番ライズインザノース
▲⑧番イコライザー
△④番ミラクルジャガー
△②番マリーグレイス
△⑤番ノーブルトリトン
△⑥番リンゾウチャネル

本命は地元勢①番サンエイフラワー

前走のビギナーズカップは、2番人気5着と人気を裏切る形となりましたが、一番の敗因は初ダート。ロージズインメイ産駒ですから、将来的にはダートになるとは思いますが、さすがにキャリアの浅い2歳でいきなりのダート挑戦。加えて最内枠でゴチャつく競馬にもなりましたから、はっきりと参考外でいい一戦。

2走前の若鮎賞では、マリーグレイスとタイム差なしの2着でしたし、その比較から行けば前走着順だけで人気を落とす今回は妙味十分で言えます。最短距離を走れる最内枠も好材料ですから、ここは一変に期待していいでしょう。

対抗が北海道所属の⑨番ライズインザノース

前走のコスモス賞は結果的に相手が強かったこともありますが、終始プレッシャーをかけられる厳しい展開も堪えました。それでもすんなりと先行できたように、芝適性は十分。前が止まらない盛岡芝では、この先行力は大きな武器となります。

単穴が⑧番イコライザー

こちらも北海道所属ですが、問題は芝適性。(盛岡芝での成績は不明)ですが、ここまで芝0勝という極端な成績を残すカネヒキリ産駒ですから、本来なら待ったなしで消しなんですが、この馬のお兄さんは明日のセントライト記念に出走するジェネラーレウーノ。

昨年のジュニアグランプリを勝ったモリノラスボスの父は、同じくJRA芝0勝のエスポワールシチー。能力が適性を凌駕する可能性もあるということですね。半信半疑は確かですが、今回は「信」に賭けたいと思います。

△の中では、浦和所属の⑤番ノーブルトリトン。バリバリのダート血統ですが、スラッとした体で芝も問題ないはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
1~6レースで軍資金GETできたデータ!そのままプラスを菊花賞へ(PR)
━━━━━━━━━━━━━━━━⇒


14日無料指数的中速報】京都1~6レースで5レース3連単的中!
かつ指数上位6頭BOXそのまま購入でも76,880円プラス収支!
━━━━━━━━⇒こういうとこで稼いでるんですね?!
メールアドレス登録後、確認メールをクリックしたらログインできます。
⇒週末1~6レースと菊花賞の指数データを見る(無料)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする