【ローズステークス2018予想】実はステップレース?三面川特別②着のウラヌスチャームに◎

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

明日の阪神メインは「ローズステークス」。思い出話は昨日の記事でたんまり書かせて頂いたので、ここでは特に無駄話はありません笑 早速予想の方へと参ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第36回 ローズステークス2018予想

◎⑭番ウラヌスチャーム
○⑧番サトノワルキューレ
▲⑤番サラキア
△④番ラテュロス
△⑪番トーセンブレス
△⑦番センテリュオ

本命は⑭番ウラヌスチャーム

例年、幅を利かせるオークス組が今年は手薄。ならば、春の実績組よりも夏場に力をつけてきた馬にもチャンスがあるだろうという見立てですね。

前走の三面川特別は、内枠ということもあり終始インに包まれる形。最後の直線もズラリ前が壁で、進路が開けたころには時既に遅し。完璧に脚を余しての2着惜敗でした。

前2走はともに上がり33秒台ですが、見た目はそれほどの鋭さがなく、どちらかと言うと徐々に加速していくタイプ。

今回の阪神外1800mは間違いなく合うタイプですし、今度は枠も外。前走の様に包まれてオシマイということはありませんし、雨の影響が残りそうな馬場状態も、父ルーラーシップならマイナスとはなりません。

そしてタイトルにもあるように、実は三面川特別とローズステークスは意外と密接な関係にありまして、ローズステークスが従来の2000mから1800mへとシフトチェンジした2007年以降、三面川特別で上位入線を果たした3歳牝馬は全部で5頭。そしてその成績がコチラ。

・07年 三面川①着→ローズ③着(レインダンス)
・12年 三面川③着→ローズ③着(ラスヴェンチュラス)
・17年 三面川②着→ローズ②着(カワキタエンカ)

3頭が馬券内に入っており、【0-1-2-2】。馬券外となったのは2頭だけですから、それなりの信頼度はあるのではないかと。

コース形態が合うこと、そしてローテの後押し。今年は随所で光る騎乗を魅せてくれる藤岡佑騎手への期待感もあります。まず、3着内は確保とみました。

対抗が⑧番サトノワルキューレ

適性距離が判然としないわけですが、最後は余力がなかったオークス6着を見ると、1800~2000mあたりがベスト距離なのかなとも。

「前半61秒1-後半58秒4」のスローを大外一気で決めたフローラSは、掛け値なしに高評価。6着ですから、強いオークス組には該当しませんが、この相手なら・・・の気もします。

単穴が⑤番サラキア

チューリップ賞、フローラS4着と春の時点で高い素質は示していましたが、一息入れた前走が圧巻の勝ちっぷり。

終始楽な手応えから、ノーステッキで一気に先頭に立つと最後は流す余裕。体が10キロ増えていたことも好材料で、ひと夏を越して体と中身が噛み合ってきた気がします。ここも難なく突破なら、打倒アーモンドアイの一番手。という可能性も出てくるでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
1~6レースで軍資金GETできたデータ!そのままプラスを菊花賞へ(PR)
━━━━━━━━━━━━━━━━⇒


14日無料指数的中速報】京都1~6レースで5レース3連単的中!
かつ指数上位6頭BOXそのまま購入でも76,880円プラス収支!
━━━━━━━━⇒こういうとこで稼いでるんですね?!
メールアドレス登録後、確認メールをクリックしたらログインできます。
⇒週末1~6レースと菊花賞の指数データを見る(無料)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする