【第47回戸塚記念2018予想】逆転があるなら別路線①番チャイヤプーン

某競馬専門紙の穴担当です。

季節の変わり目ということで、少し体調を崩してしまい、ブログの更新が滞ってしまいました。読者の方から「更新はなしですか?」とお問い合わせも頂きまして、大変嬉しい限り。明日は川崎でSI昇格の戸塚記念が行われますから、これは更新しないわけにはいきません。

体調が今ひとつとはいえ、しっかりとレースはチェックしていました。川崎と言えば逃げ先行天国、イン有利ですが、2日目の結果を見ると少し傾向が変わってきたのかなと。

確かに逃げ馬は止まらないんですが、最後の直線だけインが深いと言うか、意外と伸びないんですよね。最終のツルマルキングオーなんてインが空いているにも拘わらず、しきりに左ステッキで中へ持ち出そうとしていましたから、ラチ沿いはダメなんだろうなと。

構図としては逃げ~先行馬が1頭残って、真ん中~外から差し馬強襲という馬場傾向と見て、戸塚記念もそのパターンで組み立てます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第47回 戸塚記念2018予想

◎①番チャイヤプーン
○⑦番トキノパイレーツ
▲⑥番クロスケ
△⑭番クレイジーアクセル
△③番ゴールドパテック
△⑩番ワンダーツー

芙蓉賞でトキノパイレーツに歯が立たなかった、④番ムシカリ、⑨番ミスターバッハ、⑨番ビヨンドボーダーズの逆転はほぼ皆無。

黒潮盃はクロスケ、クリスタルシルバーの2頭が後続を離す形。8馬身離れた3着⑫番ミスマンマミーア、4着⑩番ワンダーツー、11着⑧番デイジーカーニバルの3頭にクロスケ逆転があるかと言われれば、「NO」でしょう。

となると買えるステップは、「ひまわり賞」「関東オークス」「東京ダービー」の3ステップ。

本命は「ひまわり賞」ステップの①番チャイヤプーン

ソッサスブレイやオーズなど、古馬A級相手に4着の前走は移籍緒戦とすれば上々。勝負どころから少し置いて行かれる形になったのは、ペースの違いと距離適性によるものでしょう。

ダービーグランプリ(2000m)3着の母サイレントエクセルに、父フェデラリストは長距離血脈ダンシングキイの血を引くスタミナ型。レベル差はさておき、2000mの岩手ダービー完勝が示す通り、どう見積もっても中長距離型でしょう。

1600→2100mへの距離延長、そして古馬相手に揉まれたキャリア。道中ロスなく運べる最内枠も好材料。前走のように最後の直線で外へ持ち出す形なら、トキノパイレーツ逆転も夢ではありません。

対抗が⑦番トキノパイレーツ

ユニコーンS6着が伊達ではないことを示した前走。SI昇格のここを目標に移籍してきたわけですから、まさに青写真通りといったところでしょう。破綻があったとしても2着確保は間違いなさそうです。

単穴が⑥番クロスケ

爆発力がない反面堅実。こんなイメージを完全に覆された前走の黒潮盃。先に抜け出したクリスタルシルバーがいい目標になったとはいえ、最後キッチリ捉える勝負根性は大したもの。当然2100mがマイナスとなることもありませんから、再度上位争いでしょう。

△1番手が大外⑭番クレイジーアクセル

もう少し内目の枠なら評価も変わった気もしますが、とにかくゲートまともならハナはこの馬。関東オークスでも厳しいラップを踏んで粘り込みましたし、単騎で行ければしぶとい馬。3ヶ月ぶりとなりますが、ミッドウェイ調整馬ですから仕上げに関しても不安もありません。

馬券は①番チャイヤプーンの単勝。馬連①-⑦番、3連複①⑦-③⑥⑩⑭番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする