【浦和競馬9/5・10R女郎花特別2018予想】ここは絞って3連単勝負!

某競馬専門紙の穴担当です。

船橋最終日は、まったくダメダメでした。もう本当に自分が情けなくなるぐらいピントがズレていたので、修正に時間が掛かりそうですが、今日から舞台は浦和へ。気分も入れ替えて頑張ります。

今開催の浦和は3日開催と濃厚。初日のメンツを見てみると、いろいろな意味で「なるほど・・・なるほど・・・」と妙に納得してしまう顔ぶれ。馬券はかなり難しそうな印象です。

noteは自重した方が良さそうですが、いつも楽しみにして下さる方もいらっしゃいますので、何とか有益な予想をお届けできるように頑張りますね。

ではブログでは、メインではなく10R「女郎花特別」を取り上げたいと思います。ここは絞って勝負できる一戦です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女郎花特別2018予想

◎③番タマモサーティーン
○⑥番ダンストンリアン
▲⑤番ルクレツィア
△②番エイトクレイン

本命は③番タマモサーティーン

浦和1500mを連続36秒台。いずれも余裕十分に抜け出しての完勝で、C1が壁になるとは到底思えません。

ここは⑧⑨番が逃げ候補。外の2頭を行かせての好位追走と、ここ2戦と同様の競馬が可能。今回も直線楽に抜け出しての独走でしょう。頭は鉄板。かなり特異な馬場状態になっていたとしても、2着を外すことはありません。

焦点は相手探し。

その筆頭格が⑥番ダンストンリアン

復帰後3戦ともあとひと押しといったところですが、前走は若干早めに動きすぎた印象も。ジックリ構える形なら伸び脚は鈍りませんし、ここはタマモが最後ちぎる展開(のはず)。チョイ差しができるこの馬が相手にピッタリでしょう。

3番手が⑤番ルクレツィア

古巣に戻ってきた前走5着。こちらもダンストンリアン同様、かなり早めに動く競馬でしたから、最後失速も仕方なし。むしろ、時計ひとつ以内に踏み止まった点を評価しなくてはいけませんね。こちらも本来はジックリ構えるタイプ。ダンストンリアンとの2枚看板で行きます。

そして3着まで・・・の評価で、②番エイトクレイン

前走は鮮やかな勝ちっぷりでしたが、イン有利の川崎だからできた芸当とも。それでも今回も内枠があたりましたから、前走の再現もあるのかなと。

馬券は3連単③→⑤⑥→②⑤⑥番。そんな上手くいくはずないでしょ!?という方には、馬連③-⑤⑥番を推奨します笑

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>神戸新聞杯連続指数上位的中のコラボ指数 個人的に選んだ3頭がこんな感じで公開もされてます。




<コラボ指数>17日中山午前中6レース全部を6頭BOX購入で299,350円プラスでした。



<コラボ指数>セントウルS指数1位1着、京成杯指数2位1着、紫苑S指数1位1着とコラボ指数1位は信用



<コラボ指数>人気馬以外のオッズ高い馬が上位6頭に入ると高配当の予感するコラボ指数

コラボ指数は3年連続神戸新聞杯上位馬で的中してますので間違いなく信用できるはずです。
午前中6レースと神戸新聞杯無料で指数データ見れるのでお試し可。メールアドレス登録のみーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする