【門別競馬9/4・12R日高町建設協会2特別2018予想】平常心なら⑧番コウユーモンブラン

スポンサーリンク

某競馬専門紙の穴担当です。

以前から何件かお問い合わせを頂いています、門別競馬の予想。

昨年はほぼ毎日にようにブログ・noteで予想を更新していたのですが、今年は南関東が中心になってしまったうえに、門別はフレッシュチャレンジで今ひとつ精彩を欠いたこともあり、すっかり遠ざかってしまいました。

またブログ・noteでの門別予想を再開して下さいと有難いお声も頂きましたから、まずはブログでリハビリ開始といきます。

今回取り上げるのはメインではなく、最終12R「日高町建設協会2特別」です。予想は更新していなくても馬券はしっかりと買っていましたから、その点のブランクはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日高町建設協会2特別2018予想

◎⑧番コウユーモンブラン
○②番タイセイレガシー
▲⑩番ドラゴンハート
△⑥番アートオブダムール
△④番マハロ

本命は⑧番コウユーモンブラン

移籍後2戦4、4着。数字だけ見れば無難にまとめたなという印象ですが、2戦目ともとにかくゲートが悪かった点を挙げておきたいですね。2走前は何とかタイミングがあいましたが、前走はゲート内で頭を上げている中でのスタート。まともに出遅れましたから、このロスは非常に大きかったと言えます。

それでも勝ったアポロストロングに終始プレッシャーをかける厳しい競馬。最後は突き放されはしたものの、2~3着に入ったのが差し馬ということを踏まえれば、先行しての4着は内容十分と言っていいでしょう。

前走はヤングジョッキー戦でテン乗りでしたが、今回は2走前と同じ小林靖騎手。とにかくゲート内で落ち着いてさえいれば、まず好勝負は間違いありません。パドックから落ち着きがあるかどうか、要チェックですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする