【札幌競馬・ワールドオールスタージョッキーズ第1戦2018予想】

続いて、ワールドオールスタージョッキーズが行われる札幌競馬。

正直、招待外国人騎手が巧いか下手かはわかりません。ましてや日本での騎乗が初めてとなる場合は、なおさらです。

とはいえ、外国人騎手は大抵「馬を抑え込む力」に長けています。あまり持っていかれるシーンを見たことがないですから。

なので、近走出遅れたり折り合いを欠いたりと力を出せていない馬に外国人騎手が乗っていれば買い。ということになるわけです。

その点を頭に入れつつ、まずは10R「ワールドオールスタージョッキーズ第1戦」から参りましょう。芝1200m。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワールドオールスターJ第1戦2018予想

◎④番アイアンクロー
○⑤番サラデコラシオン
▲⑪番イキオイ

予想というよりは、上記3頭の単勝買いをしたい一戦。

まず④番アイアンクローは、復帰後の前2走とも出遅れ。朝日杯FS、マーガレットSでも折り合いを欠いて競馬になりませんでしたから、気難しさを抱えるタイプであることは間違いありません。ガシっと抑え込める外国人騎手で一変が狙えます。

鞍上のフォーリー騎手はプロフェットでの京成杯勝ちなど、日本の競馬に合わない印象はありませんから、特に心配することはないでしょう。

⑤番サラデコラシオンは、前2走とも直線で窮屈になる場面。消化不良の一戦とはいえ、着差は0秒2、0秒5差ですからスムーズに走れればといったところ。

こちらは05年以来の来日となるベハラーノ騎手。正直あまり記憶にないのですが、当時の成績を紐解いてみると、計5鞍に騎乗して4、11、2、5、3着。なんだ、巧いやんけ。安心。

最後に⑪番イキオイ。毎年、馬場が痛む最終週の洋芝で好走する馬という印象ですが、北海道に移っての前4走はすべて掲示板外とはいえ、0秒4、0秒4、0秒2、0秒8差だけ。コース取りさえ上手く行けば、十分馬券内も狙えるはずです。

馬場の真ん中をズッポシ抜けてきた先週のモズカッチャンのような進路取りなら言うことなしですが、そこまでとは言わずも近走の鞍上よりは外を回ることはないでしょう。

第2戦もまとめて更新しようかと思いましたが、強烈な睡魔が襲ってきましたので、数時間後に更新します。ゴメンナサイ、オヤスミナサイ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする