【川崎競馬・週刊ギャロップ芙蓉賞2018予想】2000mなら◎ムシカリ

某競馬専門紙の穴担当です。

先週末はイベントにお声掛け頂きまして、ドヤ顔で札幌記念・北九州記念の予想見解を述べてきましたが、どちらともに見せ場なし。失意の中、日月とお休みを頂きまして、とにかく何もせずにひたすらゴロゴロしてしまいました。

ブログの方もすっかり更新が滞ってしまいましたが、本日からまたドンドン記事を上げて行きたいと思います。noteの方も更新しますので、こちらもよろしくお願いいたします。

まずは川崎競馬から。メインはダ2000mで行われる「週刊ギャロップ芙蓉賞」。頭数は9頭と少ないですが、戸塚記念のトライアル。注目トキノパイレーツの移籍緒戦ということもあり、目が離せない一戦となりそうです。では予想の方へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊ギャロップ芙蓉賞2018予想

◎⑥番ムシカリ
○⑤番トキノパイレーツ
▲③番スペースファルコン
△⑨番ビヨンドボーダーズ
△⑧番ジョーグランツ

本命は⑥番ムシカリ

前走は出足一息もありましたが、1600mのペースに付いて行けず後方から。ラストは外からよく追い込んできましたが、やはり距離不足の感は否めませんでした。

それでも差はわずかに0秒4差だけ。2000mは2走前3着がありますし、メンバー中唯一克服済みという点も何よりの強調材料。2走前のようなスローは見込めませんが、前走で速いペースを経験していますから、極端に置かれてしまうようなこともないでしょう。まず馬券内は外さないと見ました。

対抗が⑤番トキノパイレーツ

前走はゲートで待たされて末脚不発に終わりましたが、直線見せ場たっぷり(馬券を買っていたので、声出ました)だったユニコーンS6着だけ走れれば、楽勝まであっていい力関係。戸塚記念を狙っての移籍とのことですが、とにかくレース振り注目でしょう。

単穴が③番スペースファルコン

現1000万のミックベンハーを退けての新馬勝ち。スマートファルコン産駒らしく骨量豊富で、いかにも地方向きのパワーを感じさせる馬。気持ち余裕残しと思えた前走快勝ですから、さらに上積みを期待してもいいでしょう。すんなりインを取れそうなこの枠も好材料です。

以下、⑨番ビヨンドボーダーズ、⑧番ジョーグランツまで。

④番ミスターバッハは、前走54キロで主戦の石崎駿騎手が騎乗できませんでしたが、今回は56キロですからこの点はクリア。

しかし3走前に1800mを勝っているとはいえ、この時の上位3頭はすべてサウスヴィグラス産駒でしたし、3着クルセイズスピリツは次走優駿スプリント快勝ですから、スタミナが問われる一戦ではなかった気がしています。

ここも人気にはなるはずですから、ならば蹴った方がいいでしょうとの見立てでヌケにした次第であります。来たら「つよいなー」と諦めるスタンスで。

馬券は⑥番から印へ馬連。少しでもいいから確実に増やしたい方は、複勝なら間違いなしです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>神戸新聞杯連続指数上位的中のコラボ指数 個人的に選んだ3頭がこんな感じで公開もされてます。




<コラボ指数>17日中山午前中6レース全部を6頭BOX購入で299,350円プラスでした。



<コラボ指数>セントウルS指数1位1着、京成杯指数2位1着、紫苑S指数1位1着とコラボ指数1位は信用



<コラボ指数>人気馬以外のオッズ高い馬が上位6頭に入ると高配当の予感するコラボ指数

コラボ指数は3年連続神戸新聞杯上位馬で的中してますので間違いなく信用できるはずです。
午前中6レースと神戸新聞杯無料で指数データ見れるのでお試し可。メールアドレス登録のみーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする