【大井競馬・第52回黒潮盃2018予想】勝負になる⑭番ワンダーツー

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日はたくさんの方に訪問して頂き、本当にありがとうございました。

本来なら馬券で恩返しが最良なのですが、気合満点で購入したペイシャゴンジセが9頭立ての8着と惨敗。大逆転を賭けて臨んだ門別エトワール賞の◎セクシーボーイも、惜しくない5着と上手くハマってくれませんでした。難しい。

さて、本日は盛岡競馬場で交流重賞のクラスターカップが行われますが、こちらはすでにブログで更新済み。穴馬を推奨していますから、来れば高配当間違いなし。大金を握りしめて、黒潮盃が行われる大井競馬場へと向かおうと思っています。

ではその黒潮盃の予想へ参りましょう。過去10年で1番人気馬が7勝、2着1、3着1回と手堅いですが、昨年は11番人気のカンムルが2着に入り、一昨年は10番人気マテリアメディカが3着と相手が荒れる一戦。狙いはそのあたりになりそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第52回 黒潮盃2018予想

◎⑭番ワンダーツー
○⑤番クリスタルシルバー
▲①番デイジーカーニバル
△⑧番クロスケ
△⑨番ステラライト
△⑩番ミスマンマミーア

本命は⑭番ワンダーツー

歴戦の古馬を蹴散らして、転入緒戦を快勝。確かに最後は詰め寄られましたが、向正面からポジションを押し上げ、4角先頭から押し切った内容は着差以上の強さ。完歩の大きなフットワークですから、1400mも明らかに距離不足といった印象を受けました。

母ベルモントナウシカは未出走ですが、母系を辿れば浦和記念2着のベルモントアクター。そこに父ゴールドヘイローですから、どう見積もっても南関適性は相当なもの。

1番人気の相手は伏兵馬という構図にも当てはまりますし、昨年2着のカンムル、12年10番人気2着ディーオ、11年9番人気2着リアライズブラボーなど、とにかく浦和所属馬が強い特徴も強力な後押しとなります。買い時は今回でしょう。

対抗が⑤番クリスタルシルバー

ダービー2着は「見えざる力」が働いた印象もありましたが、前走のJDDでは怪物ルヴァンスレーヴと0秒3差だけ。飛躍的な成長力と、レースセンスの良さ。ダービー2戦を使っての疲れが心配ですが、正直この相手なら負けられないと言ったところでしょう。

単穴が①番デイジーカーニバル

前走の東京湾カップは、最後の直線で失速。楽な手応えで抜け出す格好を見せていましたから、不可解な敗戦でしたが、後日現場担当者に聞いたところ「デビュー前から、腰に不安があって・・・」と教えてもらいました。

確かにローテを見てみると、11月に能力を受けて、デビューが2ヶ月後の1月19日。そして2戦目が3月15日で、3戦目が4月12日と1ヶ月あけての出走となっていますが、東京湾カップはブルーバードカップから中2週での参戦。披露が抜ける前にレースを迎えてしまったことが、最後の失速につながったわけですね。

レース後、「ヤオヤだヤオヤだ」なんて掲示板を荒らしまくっていた人がいましたが、何でもそう結び付ける人は競馬に向いてないと思いますね。このブログに足を運んでくださる方は、競馬に対しての造詣も深い方が大半ですから、そんな浅い発言はしないと思いますが。

と、関係のない話になってしまいました。すいません。

えっと、以下△は、⑧番クロスケ・⑨番ステラライト・⑩番ミスマンマミーアまで。

馬券は、⑭番ワンダーツーの複勝ドッカンと、⑭-①⑤番の馬連・ワイド。⑭-①⑤番流しの3連複でもいいかもしれません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする