【佐賀競馬8/14】第18回サマーチャンピオン2018予想

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日のブログ記事で推奨した大井10R◎ペタルーダですが、ゴール前見事に差し切っての1着。

5番人気単勝1030円ですから、マズマズだったかなと思いますし、馬券の買い目も、3着エイシンエンジョイとの2頭軸と単勝と完璧。今日もズバッと穴馬を推奨できればと思います。よろしくお願いいたします。

さて、今週はお盆開催と言うこともあり、全国の競馬場で重賞レースが目白押し。今日は佐賀でサマーチャンピオン、金沢で読売レディス杯、そして門別でエトワール賞が行われます。

twitterですべての重賞レースの予想記事をUPすると豪語?してしまったので、ここからドンドン行きますね。まずは佐賀で行われるサマーチャンピオンから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第18回サマーチャンピオン2018予想

◎⑨番ルグランフリソン
○⑧番ヨシオ
▲⑥番タイセイプライド
△⑩番エイシンバランサー
△⑪番エイシンヴァラー
△④番タイセイエクレール

JRA勢優位は間違いはありませんが、今年参戦の5頭はすべて重賞未勝利。地元勢は厳しいですが、園田の8枠2頭なら十分勝負になる計算とも取れます。

それでも軸としての信頼感と言う点で、本命は⑨番ルグランフリソン

前走のプロキオンSは、勝ったマテラスカイが前半33秒5で引っ張りながらも押し切る流れ。追走に余裕がなく、手も足も出ませんでしたが、厳しいペースを経験できたことは何より。

5走前のバレンタインSでは、狭いインを突いて伸びてきましたが、元々が揉まれ弱いタイプ。前2走は枠にも恵まれませんでしたが、今回はスムーズに立ち回れる外枠もあたりました。血統面からも地方向きとも思えますから、ここはチャンス十分でしょう。

対抗が⑧番ヨシオ

函館からの連闘で挑んだ前走のマーキュリーCでは、果敢に逃げて2着好走。重賞でも十分通用するレベルまで登りつめてきました。

近走は1700~2000mが主体ですが、1200~1300mでの勝ち星もあるスピード馬。父が短距離志向のヨハネスブルグですから、距離短縮がマイナスになるはずもありません。充実振りを素直に取りたいと思います。

単穴が⑥番タイセイプライド

こちらもヨハネスブルグ産駒ですが、今回が初めてのダート。歴戦の古馬相手だけにさすがに厳しい印象もありますが、全姉フクノドリームはエーデルワイス賞の勝ち馬。直前の稽古でも坂路49.9-36.7-24.8-12.9の猛時計を叩き出しましたから、ダート適性は間違いなくあるはずです。

以下、エイシン2騎にデムーロ騎手騎乗の④番タイセイエクレールまで。

人気の一角③番ブルミラコロはダート1400m5勝とはいえ、オープン昇級後の好走はすべて1200m。このクラスに入ると若干長い印象がありますし、京都・新潟など軽い馬場が得意の馬。地方馬場向きのパワー?ですし、外から押し込められるこの枠も不利と判断。ここは蹴ります。

馬券は⑨番の単勝。あとは馬連・3連複⑨-④⑥⑧⑩⑪番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>神戸新聞杯連続指数上位的中のコラボ指数 個人的に選んだ3頭がこんな感じで公開もされてます。




<コラボ指数>17日中山午前中6レース全部を6頭BOX購入で299,350円プラスでした。



<コラボ指数>セントウルS指数1位1着、京成杯指数2位1着、紫苑S指数1位1着とコラボ指数1位は信用



<コラボ指数>人気馬以外のオッズ高い馬が上位6頭に入ると高配当の予感するコラボ指数

コラボ指数は3年連続神戸新聞杯上位馬で的中してますので間違いなく信用できるはずです。
午前中6レースと神戸新聞杯無料で指数データ見れるのでお試し可。メールアドレス登録のみーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする