【札幌競馬7/29】11R・クイーンステークス2018予想

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

昨夜更新するつもりが、そのまま寝落ちしてしまいました・・・当たらなさ過ぎて疲れているようです。

さて昨日から始まった札幌競馬。突き抜ける青空に緑の芝生が鮮やかで、いかにも夏競馬って感じでしたが、開幕週とは言え、意外と差し~追い込む馬も届く馬場傾向。あくまでも展開次第といったところでしょうか。

そして、やはり・・・とでも言うべきか、吹き荒れましたモレイラ旋風。ダートでもしっかりと結果を残しましたし、12Rのレッドジェノヴァも思わず唸ってしまうレース運びと仕掛けのタイミング。今日もじゃんじゃん持ってくるでしょうね。

そして、札幌で儲けるために掲げた馬券術。母父サンデー、父ハービンジャー、ディープ。そして新たに追加した母父フレンチデピュティの結果がこちら。

【0-3-2-9】

・・・。早くも暗雲が立ち込めております笑

TVh賞がまったくダメだったのが、個人的には大ショック。今日のクイーンステークスの前哨戦的位置づけでしたから、この法則が崩れてしまった今、すでに自信を無くしております。と言っても、一度ダメなぐらいで諦めては意味がありませんので、今日もこれで行きます。ではクイーンステークスの予想へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーンステークス2018予想

まず、クイーンステークスで最も重要となるのが、小回り芝1800mの牝馬限定戦ということ。

コーナー4つの小回り芝1800mというのは、能力以上に適性がモノを言う一戦。中山記念が毎年リピーターレースと言われるのも、このあたりが大きく影響しているわけですね。

そして古馬牝馬重賞で小回り芝1800mで行われるのは、「中山牝馬S」「福島牝馬S」「クイーンS」の3つだけ。当然、この舞台を求めて使ってくる馬が多く、この3戦がリンクしあう間柄になるわけです。

そこでクイーンステークスの前4年の勝ち馬を見てみると

14年 1着キャトルフィーユ(中山牝馬S2着・福島牝馬S2着)
15年 1着メイショウスザンナ(福島牝馬S3着)
16年 1着マコトブリジャール(福島牝馬S1着)・2着シャルール(同2着)
17年 2着トーセンビクトリー(中山牝馬S3着)・2着クインズミラーグロ(同3着・福島牝馬S3着)

このステップの馬が目下4年連続で連対中ですし、16年は福島牝馬Sと同じ組み合わせ。いかに小回り芝1800mの適性が重要なのかということがわかりますね。

そしてもうひとつの特徴が、母父サンデーサイレンス配合馬の好走が多いこと。

昨日はハマりませんでしたが、クイーンステークスに置ける母父サンデーの強さは特筆もので、函館開催の13年を除く過去9回を見てみると、出走19頭で【4-4-0-11】。単勝回収率は200%を超えていますし、単複回収率でも160%。

とにかく母父サンデーと書いてあるだけで、押さえておく必要があるというわけですね。

上記2点を踏まえての予想がコチラ。

◎⑤番フロンテアクイーン

本命は⑤番フロンテアクイーン

中山牝馬S2着があって、母父サンデーサイレンス。まさにクイーンステークスを買ってくださいねと言わんばかりの馬。前走の中山牝馬Sはカワキタエンカのスロー逃げ切りで、展開に泣いただけ。好位からインを突いて伸びてきた内容を見ても、小回りコースに高い適性を感じさせました。

ここまで2着8回とワンパンチ不足は否めませんが、4走前タイム差なしの相手は、ヴィクトリアマイルを勝ったジュールポレールですし、脚を余した負けた3走前の相手も、同3着のレッドアヴァンセ。

その比較から行けば、ローカルG3なら断然上位の評価。さらにこの馬、実は1600mでは短く2000mでは長いタイプ。2勝はともに1800mですから、この距離なら詰めの甘さを見せない・・・そう捉えることもできます。

福島牝馬Sを使えなかった誤算はありますが、6月から入念に乗り込んできましたし、直前の併せ馬を見ても顎が上がってくる感じもありませんでしたから、体調面に不安はないとみます。

なぜか5番枠だけ【0-0-0-9】と振るいませんが、内枠が有利なことは間違いありません。今年はこの馬から。

○リバティハイツ

対抗が3歳馬リバティハイツ

軽量で使える3歳馬には、当然注意を払わなくてはいけません。現に3歳馬はここまで【4-1-1-16】と好成績。しかし3歳馬なら何でもいいと言う訳ではなく、4勝中3勝がそれまでに重賞を勝っており、例外は11年1着アヴェンチュラ(前走で古馬撃破の実績はありましたが)だけ。

その点からもツヅミモンではなく、フィリーズレビューを勝ったこちらを上位へということですね。今年のハイレベル3歳牝馬の中で、桜花賞6着は誇れるもの。母ドバウィハイツは、芝1800~2000のGI勝ち馬ですし、前走もしっかり折り合いがついていましたから、1800mも問題ないでしょう。

▲⑩番ハッピーユニバンス

単穴が⑩番ハッピーユニバンス

昨年のTVh賞(芝1800m)を、1分46秒1で快勝。52キロのハンデの加えて、2着テオドールが前半1000m57秒4で飛ばした流れもハマりましたが、時計は翌日のクイーンステークス2着トーセンビクトリーと同じ。

机上の計算とはいえ、牝馬同士なら重賞でも十分通用の感触で、エリザベス女王杯1秒1差を除けば、重賞4戦はいずれも0秒5~9差だけ。こちらも母父サンデー馬で、いかにも穴の気配が漂います。

意気込みが凄すぎて、ブログ史上一番長い記事となってしまいました笑

想いが馬券に直結することを夢見て、今日も一日頑張りましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
PR)週末は指数予想でしょ!
ー阪神ジュベナイルフィリーズー

さあ!今週末は阪神JF(G1)が阪神競馬場で行われますよ。
2年連続で阪神JFを的中させている指数サイトを見つけちゃいました!

なんと、それだけではありません!
ステップレースも見事に的中させているんです!

指数値に注目して下さい!30以下の馬は要チェックと言えます。
短時間で予想ができるので凄くオススメですよ!

重賞は1レースのみ無料で閲覧できます。
今週はもちろん「阪神JF」です!

レース当日に北条氏のブログで、指数データと最終見解を配信します。
見逃さずにチェックして下さいね!

⇒阪神JFの指数を検証してみる!(無料)
メールアドレス登録後、確認メールからログインして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする