【門別競馬7/19】11R・第15回星雲賞予想

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

7月19日の門別競馬メインは、第15回星雲賞。

昨年に引き続き、今年も7頭立て。昨年はオヤコダカが2着馬に3秒もの大差をつける圧勝劇。その暴力的な強さに舌を巻いたわけですが、今季は3、4着と吹っ切れないレース振り。世代交代の可能性も秘めた一戦となりそうです。

人気の中心は、⑤番オヤコダカと重賞連勝中の②番スーパーステション。これに③番サトノプリンシパルが離れた3番手で続くイメージでしょうか。穴党の出番はなさそうですが、この3頭が上位独占かと言えばそうでもない気もします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第15回 星雲賞2018予想

◎⑦番メイショウノーベル
○⑤番オヤコダカ
▲②番スーパーステション

まず展開ですが、逃げるのは③番サトノプリンシパル。これを見る形で②番スーパーステション、⑤番オヤコダカ。人気馬3頭が前を占める展開で、④番モズオトコマエ、⑦番メイショウノーベルが中団を追走。流れは平均程度ですから、これより後ろの馬はノーチャンスでしょう。

今季はあとひと押しを欠くオヤコダカですが、勝負どころ進出の速さは好調時とそれほど変わりませんから、ここも同様の競馬。オヤコダカが捲り切れば、サトノが脱落しスーパーが2番手に浮上。最後は残る1席を争う展開となり、そこに飛んでくるのがモズかメイショウのどちらか・・・と見ました。

本命は⑦番メイショウノーベル

9歳ながら、これが初めての1600m戦。常識的には狙いづらいところですが、伸びずバテずの前走を見ると、今はむしろ1200mよりも合う感触があります。そしてモズではなく、こちらを上位とした理由はスピード勝負に対応できる時計があるから。モズはどちらかと言えば、マイルをこなせる中距離馬ですからね。

しかし、メイショウが頭で来るかとなると、さすがに無理でしょう。ここは3着狙いの◎ということになります。

馬券はオヤコダカとのワイド1点。

そして②⑤⑦番の3連複1点。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする