【大井競馬7/10】11R・サンタアニタトロフィートライアル予想

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

今日の大井メインは、サンタアニタトロフィートライアル。その名の通り、8月1日に行われるサンタアニタトロフィーのトライアル戦となり、1着馬に対して優先出走権が付与されます。正直、主役不在と言える顔ぶれですから、次云々ではなくココ勝負の馬が狙いとなりそう。

初日は内を空けるケースが見られましたが、かといって最後の直線でイン伸びないこともない馬場。パサパサで前が有利のような気もしますが、2~3着には追い込み馬も届いていますから、あくまでもペース次第といったところでしょうか。あまり気にしなくてもいいような気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大井11R・サンタアニタトロフィートライル2018予想

◎⑩番ナガラキコウシ
○⑪番チャンピオンゴッド
▲②番ハイテルカイト
△⑥番ナンヨーマーク
△⑤番ノースカルロス
△④番バースフォンテン

本命は⑩番ナガラキコウシ

前走は逃げたバンドオンザランが快勝、2着ゼンノウラヌスも内々ピタッと回った馬で、いかにも川崎らしい決着。中団から追い上げたこの馬にとっては厳しい展開でしたが、ひと頃よりもレースが巧くなったなぁという印象もありました。

今回は大井の1600mですから、もう少し内目の枠が欲しかったところですが、ここは逃げ~先行勢複数。ペースは間違いなく吊り上りますから、展開はドンピシャ。主戦の繁田騎手への期待感も大きいところ。引き続き、馬券内でしょう。

対抗がお隣り⑪番チャンピオンゴッド

ここは内の⑤番ノースカルロスがハナに行きそうですから、番手からの競馬となりそうですが、もともとが自在型。1600m5勝の実績も心強いところです。8歳馬ですが、晩成型が多いマーベラスサンデー産駒。まだまだ活力は衰えていません。

単穴が②番ハイテルカイト

復帰後2戦が物足りませんが、叩かれた前走は行き脚にも進境。今回は叩き3戦目ですし、内からスルスルと抜けてきた、4走前の勝島王冠3着時のようなレースができれば。53キロ、岡部誠騎手も魅力。

馬券は⑩番からですが、ここは◎○が同枠ですから、点数を絞りたい方には枠連7流しがおススメ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする