【高知競馬7/9】12R・一発逆転 ファイナルレース予想

某競馬専門紙の穴担当です。

無事に開催はできた高知競馬ですが、予想通り馬場は不良スタート。まだ前半戦を見ただけですが、やはり前有利ですし、持ち時計重視の傾向。おそらく今日1日はこのままだと思いますので、この2点を押さえておきたいところ。

前開催の調子が良かったこともあり、勝手に恒例とした「一発逆転ファイナルレース」予想。もちろん、今日も明日もしっかりと更新します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一発逆転ファイナルレース予想

◎③番ダノンアイドル
○⑨番シゲルエイサー
▲⑩番ウマミン
△⑧番コスモウインド
△⑥番ナイトブルーミング
△⑫番シゲルヤマト

ここは大半が、差し~追い込み馬。前走逃げたウマミンが再度ハナも・・・という顔ぶれですが、ウマミンの前走は虚を突いた逃げ。そうそう何度もハマるとは思えません。

そこで、ある程度前に行く脚とある程度の時計を持つ馬を探してみると・・・いました。

本命は③番ダノンアイドル

前2走は5、8着ですが、時計はいずれも1分25秒台。いつもより一列前のポジションを取った前走が案外だっただけに、後方待機策に戻してしまう可能性もありますが、この枠なら必要以上に押さえるはずもないのかなと。

スロー~平均ペースで推移すると見れば、当然距離ロスなく運べる内枠が有利。中央・地方問わず、個人的にはまったく信用していないワークフォース産駒と言う点だけが気がかりですが、そこは目を瞑ります。

対抗が⑨番シゲルエイサー

前走は後方から脚を伸ばして、1分25秒3。3走前も25秒台ですから、この顔ぶれなら持ち時計上位。脚質的に展開微妙とはいえ、鞍上に永森騎手なら、当然無視はできません。

単穴が⑩番ウマミン

前走は大外から渾身の逃げ。下村騎手の好騎乗が光った一戦でしたが、ここは再度その形が望める顔ぶれ。当然、マークが厳しくなりますから、惨敗もあり得るわけですが、前走も4角の手応え以上の粘り。意外と突かれる形でしぶといタイプなのかもしれません。

馬券は③番の複勝、3連複1頭軸流し。馬連は少額にして、3着狙いの馬券で行こうかと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>去年の神戸新聞杯はコラボ指数上位3頭で決着!



<コラボ指数1位の馬は馬券に組み込みOK>直近指数1位馬の強さがコチラ↓↓
セントウルS1着、京成杯3着、紫苑S1着、新潟記念1着、新潟2歳S1着、キーンランドC1着
札幌記念1着、北九州記念1着、関屋記念3着、エルムS3着、小倉記念1着、アイビスSD1着・・etcetc




神戸新聞杯~2017年は上位3頭、2016年は上位5頭、2015年は上位6頭で的中してる指数データ
17日中山でも午前中6レース6頭BOX購入で299,350円プラス!!未勝利、新馬戦まで網羅してる情報量
神戸新聞杯2018データはレース当日13時ころ管理人「北条のブログ」にて無料で見れますーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする