【川崎競馬7/5】11R・スパーキングレディーカップ予想

某競馬専門紙の穴担当です。

明日、7月5日(木)川崎競馬のメインは、第22回スパーキングレディーカップ。水曜日ではなく、木曜日に重賞というのも何だか変な感じがしますね。

昨年は3歳馬アンジュデジールが歴戦の古馬を撫で切り、圧倒的1番人気ホワイトフーガが4着に沈む波乱の決着。今年は昨年の出走馬が不在で、メンバーが一新。どこからでも入れそうな顔ぶれとも言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スパーキングレディーカップ2018予想

◎⑤番ラーゴブルー
○①番ブランシェクール
▲⑫番オウケンビリーヴ
△⑧番ワンミリオンス
△⑨番ラビットラン

本命は⑤番ラーゴブルー

移籍後、【5-1-0-0】の快進撃。良血はもとより、前走のしらさぎ賞では鮮やかなイン強襲と、非凡な勝負根性を証明しました。

距離を問わず、インを通った馬が上位独占だった水曜日の馬場傾向からも、求められるのは器用さ。再度、枠も内目のイイところがあたりましたから、前走と同じ競馬なら交流戦のここでも十分勝負になるはず。08年1着トーセンジョウオー以来となる、南関所属馬の戴冠に期待します。

対抗が①番ブランシェクール

移籍緒戦の前走2着と好発進。勝ったキングガンズラングは、続く京成盃グランドマイラーズも圧勝でしたから、これは相手が悪かっただけと処理できます。2走前にTCK女王盃2着。牝馬重賞戦線を見越しての転厩ですから、ここはしっかりと結果を出したいところでしょう。絶好枠。

単穴が⑫番オウケンビリーヴ

前走は発馬後手が堪えましたが、オープンまで上がると1200mでは短い印象も。姉のアイスドールは、クイーン賞(1800m)3着など、ダ1700~1800mで計3勝を挙げた中距離馬でしたし、全兄となるバトードールは、ジャパンダートダービー(2000m)3着。南関移籍後、報知グランプリC(1800m)を快勝と、こちらも中距離で活躍しました。血統の後押しがあります。

以下、器用な競馬ができそうな⑧番ワンミリオンス。破壊力を秘める⑨番ラビットランまで。

その他はコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>神戸新聞杯連続指数上位的中のコラボ指数 個人的に選んだ3頭がこんな感じで公開もされてます。




<コラボ指数>17日中山午前中6レース全部を6頭BOX購入で299,350円プラスでした。



<コラボ指数>セントウルS指数1位1着、京成杯指数2位1着、紫苑S指数1位1着とコラボ指数1位は信用



<コラボ指数>人気馬以外のオッズ高い馬が上位6頭に入ると高配当の予感するコラボ指数

コラボ指数は3年連続神戸新聞杯上位馬で的中してますので間違いなく信用できるはずです。
午前中6レースと神戸新聞杯無料で指数データ見れるのでお試し可。メールアドレス登録のみーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする