【門別競馬6/28】12R・第43回栄冠賞予想

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴馬担当です。

浦和→大井のリレー開催も今日が最終日。そして門別競馬場では、2歳重賞「第43回・栄冠賞」が行われます。

今回は栄冠賞の予想記事となりますが、まずは押さえておきたいポイントを2つばかり。

①素質重視

過去の勝ち馬を見てみると、クラーベセクレタ(2010年)、ノットオーソリティ(2013年)、タイニーダンサー(2015年)など錚々たる顔ぶれ。2着馬にも手を広げると、ダービー馬ヒガシウィルウィンや、桜花賞を制したモダンウーマン。今年のセントポーリア賞を制したハッピーグリンもいますから、とにかく出世レースの側面が強く、素質重視の傾向と言えるでしょう。

②距離実績・経験

そしてもうひとつが距離実績。1000m→1200mへと移行した2009年以降の勝ち馬9頭を見てみると、1200m実績・経験がなかったのは、12年1着のシーギリヤガール1頭だけ。残りは8頭は1200mでの勝ち星がありましたから、やはり経験の有無は大きいと見るべき。

そして目安程度とはいえ、持ち時計も重要。上記8頭はすべて1分15秒台の時計がありましたから、速いに越したことはありません。

今年のメンバーで、1200m実績、経験があるのは①②⑧⑨⑫⑭番の6頭。馬場差もありますが、これを時計順に並べてみると

①番ヒットザットウェイ(1:15.8)

⑫番サキコトレーヴォ(1:15.8)

②番ダイキンボシ(1:16.4)

⑨番ウワサノコウタロウ(1:16.7)

⑭番ホワイトヘッド(1:17.5)

⑧番イグナシオドーロ(1:17.6)

今年は馬場が重く、時計が掛かるケースが続出していますから、データ関係なし!となるかもしれませんが、過去の傾向から、勝ち馬はこの6頭のどれか。ということになります。

では予想の方へ参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第43回 栄冠賞予想

◎⑫番サキコトレーヴォ
○⑤番ステッペンウルフ
▲⑭番ホワイトヘッド
△⑧番イグナシオドーロ
△②番ダイキンボシ
△①番ヒットザットウェイ

本命は⑫番サキコトレーヴォ

1200mで初戦勝ち。時計も1分15秒8なら、十分合格点がつきますし、逃げて勝ち上がってきた馬が多い中、この馬は中団からの差し切り。3角からグイグイと内目を突いて追い上げたレース振りは、完成度の高さを示すものでした。

JRA1000万から園田へ移籍すると、摂津盃、マイル争覇など重賞タイトルを獲得。女傑として一時代を築いたエーシンアガペーが母と、血統的な魅力も大きい馬。内の各馬を見ながら運べる外枠も好材料です。

対抗が⑤番ステッペンウルフ

前走は初めての1200mにも難なく対応。サウスヴィグラス産駒らしいスピード馬で、スケールの大きさを感じさせる馬です。鞍上はディナスティーアでヒダカソウカップを制し、ブレイク寸前の山本騎手。2つ目の重賞制覇も。

以下、1200m実績馬を上位に取る形。イッキトウセン、ラブミージュニアは鞍上も含めて無視はしちゃいけないんですが、ともに1000mまで。人気なら蹴り甲斐があるというわけですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018


この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする