【宝塚記念2018予想】今年もポイントは「芝2200m重賞勝ち」

某競馬専門紙の穴担当です。

今週は上半期を締めくくる一戦、宝塚記念。とはいえ、今年はかなり手薄な顔ぶれ。感覚的には、ダンツフレームが勝った02年。もしくはマヤノトップガン→サンデーブランチで決まった96年に近い感じがします。流行りに乗っかれば、「レベルの低さ半端ないって」というやつですね。

そして仕事柄、すべての専門紙とスポーツ紙に目を通すわけですが、各紙とも「ファン投票の意味?」「今年はかなり小粒」などなどの文言が並ぶ中、ある社だけ「豪華な顔ぶれ」と書いてありました。どう受け取ればそうなるのか・・・。こちらも半端ないやん。

さて、ここ数週間は紙面上でも予想をつけることがなく、裏方に徹していたのですが、今週は出番が回ってきました。ですので、予想記事をUPしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝塚記念2018予想

◎⑧番ダンビュライト
○⑨番サトノクラウン
▲⑦番パフォーマプロミス
△⑩番ヴィブロス
△⑤番ストロングタイタン
△⑯番キセキ

芝2200mのGIは、この宝塚記念とエリザベス女王杯がありますが、この2レースは俗に非根幹距離(400で割り切れない距離)と言われる一戦。中山記念などもそうですが、この距離は得手不得手が大きく出ると言われていますから、どうしてもリピーターが多くなる傾向にあります。昨年の1~3着馬で今年も駒を進めてきたのは、⑨番サトノクラウンだけ。もちろん今年も有力候補でしょう。

そしてもうひとつ。

タイトルにもあるように、宝塚記念を予想する上で重要な要素となるのが、距離実績。もっと突き詰めて言えば、「芝2200mの古馬重賞を勝った馬」を無視してはいけないのです。

昨年は、サトノクラウン(京都記念)ゴールドアクター(オールカマー)の2頭だけが該当馬で、結果はこの2頭での決着。終わってみれば、実に簡単な一戦だったのです。キタサンブラックも2200mの重賞を勝っていましたが、セントライト記念でしたので例外。

ちなみに2年前の勝ち馬マリアライトはエリザベス女王杯、3年前ラブリーデイは京都記念、4年ゴールドシップは連覇でしたから、目下4年連続でこのデータは継続中。二匹目のドジョウならぬ、五匹目のドジョウを狙うわけですが、まだ干上がっていないと信じています。

本命は⑧番ダンビュライト

3走前に芝2200mのAJCCを快勝。展開を完全に読み切った、鞍上の手腕が光った一戦でもありましたが、とにかくこの距離への高い適性を示したことも確か。大阪杯、そして前走のクイーンエリザベスを距離不足と処理すれば、ここは非常に面白い一戦。今年のメンバーレベルなら・・・という気もしています。あとはドシャッと雨が降ってくれれば、鬼に金棒なんですけどね。

対抗は⑨番サトノクラウン

リピーターが強い傾向なら、当然今年も軽くは扱えません。天皇賞・秋以降、今ひとつ精彩を欠いているものの、得意舞台なら変わる可能性も十分です。

単穴が⑦番パフォーマプロミス

ゴールドシップ(2勝)、オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタと、宝塚記念で計5勝を挙げるステイゴールド産駒。目黒記念を叩いてここというローテも、他馬に比べると鮮度があります。

以下、好走が続く牝馬勢から⑩番ヴィブロス。ストロングタイタン、キセキまで。サトノダイヤモンドはまだ5歳ですから、ピークが過ぎたとは思えませんが、前走の大阪杯に続いての内枠。ここで変わる要素も少なく、見送りたいですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>去年の神戸新聞杯はコラボ指数上位3頭で決着!



<コラボ指数1位の馬は馬券に組み込みOK>直近指数1位馬の強さがコチラ↓↓
セントウルS1着、京成杯3着、紫苑S1着、新潟記念1着、新潟2歳S1着、キーンランドC1着
札幌記念1着、北九州記念1着、関屋記念3着、エルムS3着、小倉記念1着、アイビスSD1着・・etcetc




神戸新聞杯~2017年は上位3頭、2016年は上位5頭、2015年は上位6頭で的中してる指数データ
17日中山でも午前中6レース6頭BOX購入で299,350円プラス!!未勝利、新馬戦まで網羅してる情報量
神戸新聞杯2018データはレース当日13時ころ管理人「北条のブログ」にて無料で見れますーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする