【高知優駿2018予想】今年は他地区の出番。ノブイチが巻き返します

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

明日は、いよいよダービーシリーズ7戦目となる「高知優駿」。全国交流となっての2回目。今年も大井、金沢、佐賀からの参戦があり、ダービーに相応しい一戦となりました。

昨年はスーパーマックスの落馬もありましたが、勝ったのは地元の雄フリビオン。やはりホームの利は大きいなという印象を受けましたが、さて今年はどうなるでしょうか?

では早速予想へと参りましょう。

高知優駿2018予想
◎①番ノブイチ
○③番ヴァリヤンツリ
▲⑩番コスモバレット
△⑧番ベルセルク
△⑨番スーパージェット
△④番ネイティブゴールド

昨年の勝ち馬フリビオンは、秋には西日本ダービーを勝ち、ダービーグランプリでも2着と好走。終わってみれば器が違ったと言えるわけですが、今年の地元勢にはそこまでの馬は見当たりません。

ならば、年よりもハイレベルと思われる他地区馬から入るのも、ひとつの手ではないかと見て、①番ノブイチに期待。

前走の石川ダービーは、スタート一息で後方からの競馬。元々、出足がつかないタイプですが、さすがにダービーとなると、今までのような楽な競馬に持ち込むことができませんでした。いい経験と、割り切っていいでしょう。

前走の競馬を見れば、乗り替わりも仕方なしと思えますが、笠松で2戦手綱を執っている岡部誠騎手なら問題はありませんし、これは陣営の意気込みと捉えるべき。コーナスフロリダで制した兵庫ダービーに続き、2個目のダービー奪取も十分とみます。父パイロも東京ダービー馬ハセノパイロを送りましたから、いい風が吹いています。

対抗が地元③番ヴァリヤンツリ

デビューから18戦【10-7-1-0】と完璧な成績。地元馬とはもう勝負付けが済んでいる感もあります。どこからでも動いて行ける自在型ですから、ここも手堅くまとめてくれるはず。

単穴が⑩番コスモバレット

南関東でも決して上位ランクというわけではありませんが、父ロージズインメイで距離が延びてこそのタイプ。1600mの前走は明らかに忙しかったですから、参考外でOKです。環境の変化に戸惑わなければ。

佐賀からは、九州ダービー1、3着馬が参戦。2着馬ハーキマーダイヤは、次走で古馬を撃破しましたから、決してレベルも低くはありませんでした。しかしどちらが高知に合うかと言えば、3着だったベルセルクの方かなと。スーパージェットは勢いをつけて上がっていく馬ですから、不発も十分考えられます。

最後に地元勢からもう1頭。④番ネイティブゴールドは、3歳になってから一度もヴァリヤンツリとの対戦がなく、古馬相手に地力をつけてきた馬。もしかして想像以上にパワーアップしている・・・可能性があります。

馬券は①番ノブイチの単勝を目一杯。そして馬連・3連複をチョロチョロと買います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク