【門別競馬6/14】5・6Rフレッシュチャレンジ本命馬

某競馬専門紙の穴担当です。

昨日はnoteで更新したフレッシュチャレンジですが、本命馬がまさかまさかのシンガリ負け。タグに「フレッシュチャレンジは任せろ」と書いてしまった自分の情けなさと、眼力の非力さを嘆くばかりですが、今日も5・6Rが新馬戦。少し忙しくなる前に本命馬だけ発表しておきます。

5Rは③番キックザキャリバー

ここは能試51秒台が、①番サージュとこの馬だけ。注目のサダムパテック産駒で距離に疑問符は付きますが、2歳新馬ではそんなことは関係ありません。最後の直線も余力たっぷりで、追えばどんどん突き放しそうな雰囲気もありました。まずは単勝行きます。

続いて6R。

重馬場ならサクラオリオン産駒の③番ツヅミボシに期待でしたが、直線ヨレてヨレての能試がお粗末。実戦に行って変わる可能性もありますが、ここは⑧番キングバイデンで仕方なし。

こちらはゴール前、軽く気合いをつけられると一気の伸び脚。素質の高さを感じさせましたし、馬主が大久保和夫氏ですから、来年の岩手ダービーに出ているかもしれませんね。勝ちっぷり注目です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク