【川崎スパーキングスプリント2018】サトノはサトノでもタイガーに◎

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日のヒヤッとした気候から一転、何て暑さなんだと言わんばかりですね。今日の川崎は重馬場スタートですが、最終レースの頃には少し傾向が変わっている可能性もありますね。馬場読みが難しい。

さて、川崎前半はnoteに更新済み→(コチラ)良ければポチってやってください。

そして後半はまた後ほどアップするとして、ブログで取り上げたいのは11R「川崎スパーキングスプリント」。尊敬する先輩は「900mなんて競馬じゃねぇよ」と言いますが、鞍上の技量が大きく出る上に、枠順次第で着順がガラリと変わりますから、個人的には結構好きな舞台設定。◎は前走を見て次は買うぞ!と決めていた馬ですしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

川崎スパーキングスプリント2018予想

◎⑥番サトノタイガー
○③番フラットライナーズ
▲④番ラディヴィナ
△⑧番サトノスピードオー
△①番ジュンヒラメキ
△⑤番ケイエスソード

本命は⑥番サトノタイガー

6歳時にJBCスプリント2着がある古豪。その後積み上げた実績は、インタラクションカップ(準重賞)の1勝だけと少し寂しいですが、5走前の船橋記念では59秒7で2着。やはり力があります。そして久々に「おっ?」と思わせたのが前走。確かに展開利はありましたが、ラストの伸びは次に繋がるものでしたし、距離が短くなれば・・・とも取れる内容でした。

昨年はフラットライナーズには完敗でしたが、初めての900mを53秒8で走れれば上々。さらに時計短縮はどうかも、おそらく同等の時計では走れるはずですから、馬券内の期待は十分。すっかり頼れる存在となった笹川騎手鞍上ですし、「サトノはサトノでも・・・」があってもいいでしょう。

対抗は昨年の勝ち馬③番フラットライナーズ、そして川崎900mでは5戦5勝と負け知らずの④番ラディヴィナが単穴評価。あとは内有利のコース形態ですから、サトノタイガーよりも内目の枠に流す感じで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする