【兵庫ダービー2018予想】渋馬場でチャンスが広がる⑦番テクノマインド

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

昨夜の東京ダービーは盛り上がりましたね。

クリスタルシルバーが先頭に立った時の大歓声と、ゴール直後の落胆の声・・・。

最後まで冷静に完璧な騎乗で結果を出した矢野騎手と、それに応えたハセノパイロ。そして2年連続で東京ダービー制覇の偉業を成し遂げた厩舎力にも脱帽ですが、やっぱり東京ダービーは的場文男のためのレース。改めてその思いを強くしました。

的場騎手はこれで10度目の2着。残念ですが、また来年がありますし、何なら再来年もありそうな気さえします。また期待しましょう。

そして本命に期待したクロスケは、8番人気3着と健闘しましたが、惜しむらくは4角手前の捌きでしょうか。あの時点で一番勢いがあったようにも映りましたし、スムーズに立ち回って直線へ向いていればもしかして・・・という気がしなくもありません。

結局、馬券はクロスケの複勝と、ハセノパイロとのワイド1点だけ。クリスタルシルバーは単勝しか買っていませんし、とことん馬券下手な自分に驚かされます。。。でもダービーシリーズ好調ですよね?(笑)

さて、そのダービーシリーズ。今日は第5弾となる「兵庫ダービー」が園田競馬場で行われます。

兵庫ダービーと言えば、思い出されるのは2年前。

当時、仲間内でポイント制の「地方競馬専門POG」なるものをやっておりまして、重賞が100ptに対し、各地のダービーだけは5000ptという破格のルール設定。まぁ、ダービーさえ勝てば勝ちみたいなルールだったんですが、何を隠そう。私が指名していたのが、2着惜敗だったエイシンニシパだったのです。

4角先頭から完全にもらったと思った瞬間、外から木村騎手の豪快なアクションに応えるように、ノブタイザンの豪脚一閃。

「キッ!キムッ!ラッ!キムラッ!!差せっ!差せっ!」

なりふり構わず叫んだ後輩の鬼の形相を、今でも忘れることが出来ません・・・。クソッタレが。

まぁ、思い出は思い出として、馬券でビシッと仕留めれば問題なし。では参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

兵庫ダービー2018予想

◎⑦番テクノマインド
○②番アゼツライト
▲⑨番クリノヒビキ
△⑥番フセノラン
△⑫番レコパンハロウィー
△⑪番コーナスフロリダ

本命は⑦番テクノマインド

菊水賞ではアゼツライトに完敗。そして前走はクリノヒビキに完敗と、若干勝負付けが済んだ感もありますが、今回は渋馬場で競馬が出来そうな点に注目。

ここまで不良馬場は2戦2勝、稍重でコーナスフロリダに2馬身完勝の星もあるほどの重馬場巧者。アドマイヤムーン産駒は芝・ダート問わず、馬場が渋れば強いという特徴がありますが、この馬もまさのその典型と言えるでしょう。

さらに兄弟馬に目を移してみると、兄ドリームスカイは地方14勝を挙げましたが、その内6勝が重~不良馬場。一つの上の兄ブラウンヘルシャーも、5勝中4勝が重~不良馬場と、とにかく渋馬場に強い血統と言えます。

木曜日は傘マークがついていませんが、急速に馬場が回復するはずはありません。重馬場まで我慢できれば・・・。

対抗、3番手、△勢も人気どころですから、特に解説する必要はありませんね。馬券は東京ダービー同様、複勝・ワイド・3連複がメインとなりそうです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする