【盛岡競馬6/3】早池峰スーパースプリント2018予想

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

今日は盛岡競馬場のメインは、第3回早池峰スーパースプリント。地方競馬スーパースプリントシリーズの一戦目で、1着馬には習志野きらっとスプリントへの優先出走権が付与されます。

オースミチャド、コウセン、タイセイファントムの3強ムードといった感じですが、短距離戦は長距離戦以上に騎手の腕がモノを言うもの。そのあたりにも注目して・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

早池峰スーパースプリント2018予想

◎⑦番キングジャガー
○⑨番タイセイファントム
▲①番オースミチャド
△⑫番コウセン
△⑤番メイショウオセアン
△③番イーグルカザン

本命は⑦番キングジャガー

昨年の岩手2冠馬。前走は初めての1000m参戦でオースミチャドには完敗でしたが、直線猛追の3着にこの距離への適性を感じさせました。不来方賞以来勝ち星がないのは、おそらく距離が原因。3歳時は地力の高さでこなしただけで、本来はスプリンター。そんな気がしています。

そして鞍上は、門別でリーディング独走中の桑村騎手。元々、乗り替わりが多い馬ですから、特に癖もないはず。単純にプラスと捉えたいですね。

対抗が⑨番タイセイファントム。

JRA在籍時にはオープンまで登りつめ、移籍緒戦の絆カップではラブバレットを並ぶ間もなく差し切った絶対能力。久しぶりの1200mでも余裕綽々に抜け出した前走から、10歳と言えども衰えは皆無。1000mも何ら問題なしと見ました。

馬券は、⑦-⑨の馬連・ワイド。もしくは⑦⑨2軸の3連複流しで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする