【九州ダービー栄城賞2018予想】穴馬は最内枠を生かすハーキマーダイヤ

おはようございます。1週間の大半を予想~執筆などに費やしたにもかかわらず、肝心のレースで「ポツン」されてしまった、某競馬専門紙の穴担当です。

昨年に引き続き、今年も「ダービーシリーズ」はすべて予想していこうと思います。

口火を切るのは、九州ダービー栄城賞。昨年は圧倒的1番人気スーパーマックスがいたので簡単でしたが、今年はどこからでも入れそうな顔ぶれ。さらに、桑村(北海道)藤本(大井)瀧川(川崎)下原(園田)と、各競馬場の腕達者もスポット参戦。昨年7番人気2着のフジノカミワザが、笹川騎手の手綱によるものでしたから、このあたりも注意しなくてはいけませんね。

1番人気は、佐賀皐月賞を快勝してここに臨む④番リンノゲレイロでしょうか。父ローレルゲレイロ譲りのスピードを武器に、佐賀では【4-1-2-1】。転入緒戦のカペラ賞7着以降はすべて馬券内に入っており、今回は鞍上に桑村騎手を配してきました。馬主方面からの依頼かと推測されますが、これは何としても勝ちたいという表れ。最後に立ちはだかる壁は、距離かなと思います。

逆に距離延長がプラスとなりそうなのが、皐月賞2着の⑦番ベルセルク。父マンハッタンカフェらしいスラッとした体つきで、いかにもこの距離歓迎のムードがあります。鞍上の真島騎手は、同厩ザワールドよりもこちらを選択。逆転も十分でしょう。

その⑧番ザワールドは、鞍上に山口勲騎手を配してきました。目下2連勝と勢い十分、兄は昨年の勝ち馬スーパーマックスという良血でもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

九州ダービー栄城賞予想2018

◎①番ハーキマーダイヤ
○⑦番ベルセルク
▲⑨番スーパージェット
△④番リンノゲレイロ
△⑧番ザワールド
△③番ニッポンタイショウ

本命は①番ハーキマーダイヤ

花吹雪賞2着、飛燕賞4着、ル・プランタン賞、佐賀皐月賞5着と重賞には手が届いていませんが、前哨戦の鯱の門特選が完璧な競馬。それまでの差す形から一転、先行抜け出しと確かな成長を感じさせるものでした。

そして今回、追い風となるのが「最内枠」という点。全馬初めての2000mになりますから、当然距離ロスの少ない内目の枠が有利ということもありますが、昨日はとにかく1番枠が大活躍。900mの一戦を除く11Rで、2勝5連対3着1回。しかも人気馬というわけではなく、5番人気の快勝もあれば10番人気3着もありました。

1レースから馬場傾向のチェックは必須ですが、中央競馬や南関東みたいに突然イジるはずがないので、傾向は昨日と同じ。逃げるリンノをマークしての2番手追走なら、前走の再現も十分です。

対抗が⑦番ベルセルク

個人的に好みの体つきと言うこともありますが、血統的に2000m大歓迎。そして真島騎手がこの馬を選んだと言う点も、大きな魅力ですね。

単穴が⑨番スーパージェット

佐賀移籍後2、4着ですが、この2戦はともに古馬相手。3歳馬同士なら・・・の感触もあります。園田在籍時には菊水賞馬アゼツライトやコーナスフロリダ、ツルノシンあたりと接戦を演じていたほど。やはり軽くは扱えません。

人気薄では、③番ニッポンタイショウ。終い一手で不器用でも、不発がないタイプ。逃げるリンノが折り合いを欠いて自然とペースが上がるようなら、この馬の末脚が決まっても・・・という気もします。母はダ2100mのエンプレス杯を勝ったオンワードセイントですから、距離適性はありそうですし、ポツンもないはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>去年の神戸新聞杯はコラボ指数上位3頭で決着!



<コラボ指数1位の馬は馬券に組み込みOK>直近指数1位馬の強さがコチラ↓↓
セントウルS1着、京成杯3着、紫苑S1着、新潟記念1着、新潟2歳S1着、キーンランドC1着
札幌記念1着、北九州記念1着、関屋記念3着、エルムS3着、小倉記念1着、アイビスSD1着・・etcetc




神戸新聞杯~2017年は上位3頭、2016年は上位5頭、2015年は上位6頭で的中してる指数データ
17日中山でも午前中6レース6頭BOX購入で299,350円プラス!!未勝利、新馬戦まで網羅してる情報量
神戸新聞杯2018データはレース当日13時ころ管理人「北条のブログ」にて無料で見れますーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする