【大井記念2018】久々ひと叩きの⑨番キングニミッツに⦿

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

門別・園田と更新が済んでいますので、最後は大井記念が行われる大井競馬を。

今年からSIへと昇格し、帝王賞へ向けての重要な一戦に。個人的には2600mの方が「死闘」と言う感じがして好きでしたが、これも時代の流れでしょう。仕方がありません。

注目は移籍後、重賞3連勝のリッカルド。距離不安説も一蹴した前走から、不動の軸と言っても良さそうですね。対抗するのが、昨年のNAR年度代表馬ヒガシウィルウィン。個人的には中距離よりもマイラーだと思っているのですが、地方馬同士ならやはり一枚上の存在。こちらは叩いて前進。

移籍緒戦快勝のモンドアルジェンテも侮れないところ。前走はスタート後ヨレる仕草で最後方。それでもすかさず立て直すと、あとは持ったままで直線先頭から押し切り。東京2100mで2勝ならスタミナ十分で、距離延長は大歓迎でしょう。

人気もこの3頭に集中していますが、狙いは別の馬に・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大井記念2018予想

⦿⑨番キングニミッツ
○④番リッカルド
▲⑫番ヒガシウィルウィン
△⑦番モンドアルジェンテ
△⑪番ウマノジョー
△②番ディアドムス
△①番ペイシャゴンジセ

本命は⑨番キングニミッツ

前走の皐月盃は最後に伸びあぐねてしまいましたが、これは久々が堪えただけ。大崩れしなかったあたりが地力であり、今回は叩いての上積みが見込めます。

大井では東京記念・金盃3着を含め、【3-0-4-3】。重賞でも通用は証明済みであり、血統的にもベストは1800~2000mでしょう。そして夕方から傘マークの関東地方ですが、この馬は重馬場【3-2-3-1】の巧者。むしろ降れば降るほど、チャンスが巡ってきそうな感さえあります。

そして2000mに移行してからの前4年を見てみると、先行決着は14年の1度だけ。15年1着プレティオラス、3着スコペルタ。16年2着クラージュドール、17年1着ウマノジョー、2着タマモネイヴィーなど、全体的に差し馬優勢の傾向。いかにもこの馬向きのレースのような気がします。

相手は順当に人気どころですから、馬券的にはまずは複勝。そしてワイド・3連複など「3着狙い」馬券で行きたいと思います。

大井1~5Rはコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
1~6レースで軍資金GETできたデータ!そのままプラスを菊花賞へ(PR)
━━━━━━━━━━━━━━━━⇒


14日無料指数的中速報】京都1~6レースで5レース3連単的中!
かつ指数上位6頭BOXそのまま購入でも76,880円プラス収支!
━━━━━━━━⇒こういうとこで稼いでるんですね?!
メールアドレス登録後、確認メールをクリックしたらログインできます。
⇒週末1~6レースと菊花賞の指数データを見る(無料)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする