【のじぎく賞2018】連勝中の勢いを買って◎メイクアラッシュ

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の園田は、まったくアサッテの方向を向いた予想で申し訳ありませんでした。今ひとつ、馬場傾向も掴めていない状態ですが、今日のメインは第56回のじぎく賞。やっぱり、重賞はしっかりと的中させたいところですね。

勝ったり負けたりの顔ぶれで、なかなか難解ですが、軸は②番エグジビッツでしょうか。前走は完璧な競馬で重賞3勝目。1700mに不安もありませんし、絶好枠も引き当てました。破綻があったとしても、馬券内は外さない印象です。

では予想の方へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

のじぎく賞2018予想

◎⑨番メイクアラッシュ
○②番エグジビッツ
▲⑧番ミネオラチャン
△④番シービジョンズ
△⑤番レコパンハロウィー
△①番アンナラヴェリテ

本命は⑨番メイクアラッシュ

前走は、スタート直後に外のセイヴァーベナ(田中学)、セイコチャン(板野)2頭の出方を確認してから、出ムチを入れてハナを取りに行った川原騎手の好判断。結果的にハイペースとなりましたが、この2頭を振り切って、2~3着に追い込み馬を連れてくるという、「逃げ馬の一番強い勝ち方」を見せてくれました。

ここもハナならハナでいいですし、内枠勢を見ながらの先行策でもいいでしょう。現に2走前は2番手抜け出し快勝でしたし、2着馬が今回も対戦するアンナラヴェリテ。レベルも低くはありませんでした。

1700mは2歳時に一戦して8着でしたが、当時とは馬も違いますし、ハイペース押し切りの前走はスタミナがなければ不可能な芸当。極端に割り引く必要はないでしょう。

対抗が②番エグジビッツ。これはもう何も言うことはありません。

単穴が⑧番ミネオラチャン。前走は出遅れが痛かったところですが、佐賀遠征8着の悪い流れを断ち切るには十分な内容。廣瀬騎手も2度目の騎乗なら。

佐賀から遠征の2頭マイメン、ローザーブルー。大井のアクアレジーナなども侮れないところですが、やはり長距離輸送のリスクは大きいと判断。現にアクアは輸送するたびに体を減らしていますからね。いずれも馬体重には注目。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする