【川崎マイラーズ2018】今年も浦和勢!◎は⑥番ポイントブランク

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

明日は川崎競馬場で、第10回川崎マイラーズが行われます。

昨年は5番人気リアライズリンクスが勝利。鞍上の的場文騎手にとっても地方通算7000勝となるメモリアルV。直線の豪快なアクションは、今でも脳裏に焼き付いています。

さて、この川崎マイラーズ。過去5年の勝ち馬を見てみると、13年スマートジョーカー(船橋)、14年サトノタイガー(浦和)、15年ソルテ(大井)、16年モンサンカノープス(船橋)、17年リアライズリンクス(浦和)と、すべて川崎以外の所属馬。川崎勢はロンドンアイ、バーンザワールドの3着2回があるだけです。

こういうデータは気づいたときに破綻するのが常ですが、今年も川崎勢は若干手薄な印象。今年もこの傾向は続くと見ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

川崎マイラーズ2018予想

◎⑥番ポイントブランク
○⑨番オメガヴェンデッタ
▲④番ジャーニーマン
△⑤番ウェイトアンドシー
△③番インフォーマー
△⑩番ラインハート
△⑫番ムサシキングオー

本命は⑥番ポイントブランク

移籍2戦目となった前走でキッチリ変わり身。手応えの良さを思えば、追い出されてからの反応に若干物足りなさはありましたが、反面馬体も含めてまだ途上とも受け取れる内容。叩き3戦目の今回は、さらに動けそうな気もします。今回も先行力を生かすには絶好の枠順ですし、何と言っても前に行けば粘れる川崎競馬。

勝負気配の時は、常に吉原騎手を配してくる平山厩舎。今年の期間限定騎乗時も10回騎乗して【2-2-1-5】。半分が馬券内なら、信頼度は高いと見ていいでしょう。JRA5勝の実績に加えて、8歳と言えども2度の骨折もあり、まだキャリアは26戦。老け込む年齢でもありません。今年も浦和勢となりそうです。

対抗が⑨番オメガヴェンデッタ

前走はリッカルドに7馬身完敗ですが、3着に退けたのが次走東京スプリントで2着と好走したキタサンミカヅキ。移籍緒戦とすれば上々の内容で、久々のダートも何ら問題がありませんでした。今回は距離との戦いになりますが、元値が違うと見れば、気にする必要もないかもしれません。

単穴が④番ジャーニーマン

劣勢が続く川崎勢ですが、前走は明らかに長い2100mで2着と好走。父サウスヴィグラスで、1600mも計3勝のベスト距離。枠もイイところが当たりましたから、すんなり先行なら粘り込みがあっても。展開は②⑤番が逃げ候補ですが、ともに小久保厩舎。当然競り合いはなく、⑤番のハナ。もしくは②番を生かせての⑤番が離れた2番手追走でしょう。これなら、ペースは上がらないはず。

現時点ではオッズが読めないので、率のいい馬券が分かりませんが、ワイド⑥-③④あたりはイイところでしょう。

最後に浦和勢(ウェイトアンドシー・キスミープリンス・ジョーオリオン)の調教動画。

5/11 キスミープリンス 66.5-52.1-38.8(馬なり)
    ジョーオリオン  66.5-52.1-38.8(馬なり)併入

5/11 ウェイトアンドシー 68.5-53.0-39.4(G前強)
  (3歳サンダーマックスの外1馬身半先着)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする