【川崎競馬5/14】11R予想。ガラリ一変は⑩番オオヤマネコ

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日は天気が読めなかったので、予想はヴィクトリアマイル1レースだけで、その他noteもすべてお休みさせて頂きました。京都はもう画面も真っ暗でしたし、波乱の連続。東京は見た目ほど時計は掛かっておらず、◎デアレガーロは馬場云々ではなく、力が足りなかっただけでしょう。現に時計は出ていましたからね。

今週は川崎で川崎マイラーズがありますし、園田ではのじぎく賞と注目の一戦が続きますから、また随時記事をUPできればと思います。よろしくお願いいたします。

今日は川崎競馬のメイン「開成町あじさいまつり特別」の予想、そして後半以降をnoteで更新します。

さて、予想の前に川崎競馬の狙いどころ、馬券の買い方を少しだけ。

川崎競馬と言えば、とにかく逃げ~先行馬が残る馬場傾向で、内枠重視がセオリーですが、もうひとつ。南関東4場のレベル差ということも頭に入れておいてください。

私がこの業界に入った時は、大井・船橋・川崎勢が、馬の質や乗り役にも恵まれており、浦和が一歩あとから追いかける形(馬券妙味は昔も今もココが圧倒的ですが)でしたが、今は大井・船橋・浦和3場が互角で、川崎だけが圧倒的に弱くなりました。

現に今日の遠征馬を見てみると、船橋から34頭、浦和から19頭、そして大井から1頭。船橋は開催が空くということもありますが、それにしても毎レース出走馬がいるわけですから、それだけ勝負になると踏んでいる関係者が多いということ。浦和勢も地元開催が控えているにもかかわらず、「その前の川崎で勝負!」という声をよく聞きますしね。

しかもクラスが下がれば下がるほど、この傾向は顕著になりますから、前半戦はとにかく遠征馬をチェックすることが重要。近走着順が悪くても、川崎ならガラリ一変という馬も多いですからね。川崎所属馬が上位を占めた時は、仕方なく諦めるというスタンスで臨みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第31回 開成町あじさいまつり特別予想

◎⑩番オオヤマネコ
○⑬番ミッドアルティザン
▲③番ブレークオンスルー
△⑭番ドンゲイボルグ
△⑦番マジックボーイ
△⑤番ウインブルースカイ

本命は、浦和所属馬の⑩番オオヤマネコ

「馬なのにネコ」シリーズですが、2歳時には鎌倉記念挑戦があるように、素質の高さを買われていた馬。前走は1年4ヶ月振りの実戦、浦和現場から「ひょっとすると、いきなりもありますよ」と聞いてはいましたが、27キロ増。成長分もあるとはいえ、やや緩く映りましたし、常識的には狙いづらいローテ。叩いて次と決め込んで、馬券は静観しましたが、レース振りはなかなかのものでした。

向正面から手応えが怪しくはなりましたが、そこから盛り返す脚。直線では前を行くガウェインを上手く捌き切れなかった面もありましたから、そこがスムーズならもう一つぐらいは着順も上がっていた気がします。

順当に迎える叩き2戦目で、相手が楽な川崎。鞍上の見越騎手も、前回の浦和開催で5勝を挙げてリーディングに輝きましたから、ノリにノッています。

対抗が⑬番ミッドアルティザン

こちらは7か月振りの実戦となりますが、仕上げに関しては日本トップクラスと言ってもいい、ミッドウェイ外厩馬。使い込むと成績が下降する傾向もありますから、狙うとすれば今回と言うことになります。

単穴が③番ブレークオンスルー

ここは何と言っても絶好枠に尽きますね。強気の先行策で粘り込みが期待できそうです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする