【東京プリンセス賞2018】2~3着狙いで◎⑫番ゴールデンダイヤ

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

明日の大井メインは、牝馬クラシックの2冠目「東京プリンセス賞」。移籍緒戦の桜花賞をブッコ抜いたプロミストリープ断然の印象ですが、さてさて・・・。

では早速、予想の方へと参りましょう。最後に大井noteのリンクも張っておきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京プリンセス賞2018予想

◎⑦番プロミストリープ
○⑫番ゴールデンダイヤ
▲⑪番ゴールドパテック
△⑤番ストロングハート
△⑧番グラヴィオーラ
△⑨番ミスサハラ
△⑮番シングンレガシイ

本命はプロミストリープ。前走の桜花賞は、別格のひと言。上がり37秒台を記録したのもこの馬だけでしたし、直線一本だけで勝ったようなもの。牝馬同士なら負けるシーンが想像できません。

破綻があるとすれば、不良馬場を走っての疲労が抜け切っていない場合でしょうか。休み休みのローテが示す通り、疲れが溜まりやすいタイプ。続けて使うのも今回が初めてですし、モーニン、アジアエクスプレス、そして先日のデイジーカーニバル(こちらは腰を痛めたこともありますが)など、突然崩れる傾向が強いヘニーヒューズ産駒。まぁ、これも重箱の隅を・・・のレベルかもしれません。

前日売りとはいえ、単勝オッズはずっと1.0倍で推移。買い方に一工夫ないと、儲けることは至難の業ですね。そこで狙いたいのが、⑫番ゴールデンダイヤ

ここまで掲示板を外したのは、900mのデビュー戦一度だけ。爆発力は足りませんが、一貫して堅実な末脚を見せてくれています。出遅れ癖がネックとはいえ、ジックリ構えられる大井外1800mなら問題なし。先日の京都で激走したティーハーフなど、混戦で強いのがストーミングホーム産駒の特徴でもあります。2~3着狙いなら、この馬が一番でしょう。

馬券は⑫番の複勝。あとは◎との2頭軸、もしくはワイドで流しても十分プラスになるような気がします。

大井noteはコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする