【東京湾カップ2018】ここはデイジーカーニバルの相手探し

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

かしわ記念の本命ヒガシウィルウィンは、少しだけ見せ場を作りましたが7着敗退。やはりJRA勢の壁は高かったですね・・・。またどこかで逆転があると信じて、今後の成長に期待するしありません。「ノーザンテーストは2度成長する」という血統格言がありますが、サウスヴィグラス産駒も同様の傾向がありますからね。大丈夫でしょう。

それにしても今回の結果を見ると、幾度となくJRA勢を粉砕したフリオーソやアブクマポーロの偉大さを改めて痛感しますね。さすがに比べるのは酷ですが、少しでも近づいてくれたらなぁと思います。

さて、5月3日(木)船橋競馬のメインは、東京湾カップ。1・2着馬には、東京ダービーへの優先出走権が付与されるトライアルですから、当然注目ですよね。

手元にある新聞では、⑭番デイジーカーニバルに上から下までズラリ◎。楽勝ムードの時ほど怖い・・・というのが競馬の常ではありますが、ここまでの3戦を見る限り、ここも通過点に過ぎない印象も。では予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京湾カップ2018予想

◎⑭番デイジーカーニバル
○⑫番レベルスリー
▲④番スプリングマン
△⑥番エターナルモール
△⑨番ミスターバッハ
△⑪④番トーセンブル
△⑩番フレアリングダイヤ

本命は⑭番デイジーカーニバル

1月デビューながら、JRA交流快勝を含む3連勝。いずれも横綱相撲で、時計・内容ともに出色。いかにも「大器」の言葉がピタリと当て嵌まります。

伸縮性に富んだフットワークながらも豪快。同じヘニーヒューズ産駒で、朝日杯FSを快勝したアジアエクスプレスを彷彿とさせる雰囲気。ここは単なる通過点、ダービーでも上位候補の1頭でしょう。ここは相手探しに専念です。

その筆頭が⑫番レベルスリー

前走の京浜盃は、大幅馬体減。体調面一息が痛恨のスタート後手に繋がってしまいました。加えて、前が止まらない川崎。この時点でほぼ勝負はついていたようなものですから、9着惨敗は黒く塗りつぶしてもらって構いません。前、前を強気に攻める繁田騎手への手替わり大歓迎で、ここは見直す手です。

△の中では、⑩番フレアリングダイヤに注目。

骨量に恵まれた好馬体で、実はずっと追いかけている馬。デイジーカーニバルには完敗の前走ですが、着実に力をつけていますし、重馬場【3-2-1-2】の巧者。雨が降れば降るほど出番が回ってきます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ


菊花賞2018のコラボ指数データが準備開始してます。
やはり気になりますよね?!指数1位!
近年1着2着は指数上位4位以内が入線してるコラボ指数データ。
今回菊花賞、そして天皇賞まで無料で公開されるのでお得ですよね?!



この赤枠に入る指数値を当日北条のブログで最終見解とともに確認してみてください。
菊花賞コラボ指数データ推奨上位6頭を見る(無料)
確認メールきたらクリックしてログイン!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キッド より:

    残念(^^;

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      フレアリングダイヤの複勝も買っておけば良かったです泣

  2. 大王 より:

    アナ狙いなのに本命馬の相手探しという予想で、しかも大ハズレという・・・ご愁傷様です
    逆神予想として今後も参考にいたします!

    • 某競馬専門紙の穴担当 より:

      コメントありがとうございます。

      まず負けないと思っていたので、何とも返す言葉がございませんが、この業界で重宝がられる予想家というのは、「神予想」か「逆神予想」かのどちらかと言われています。なので、大王様にとって逆神予想として貢献できるのなら、それはそれでOKでございます。今後とも参考の上、どんどん儲けて下さいね♪