【かきつばた記念2018】手の合う鞍上で⑦番サクセスエナジーに◎

某競馬専門紙の穴担当です。どんどんイキます、次は名古屋競馬。

今日の名古屋メインは、交流重賞「かきつばた記念」。黒船賞の上位馬に加えて、昨年の覇者トウケイタイガー。そして迎え撃つ地元勢からはカツゲキキトキト、ポルタディソーニの重賞ウィナー2騎。地区の力関係ももちろんですが、それ以上にハンデ差の妙も。なかなか難解な一戦です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

かきつばた記念2018予想

◎⑦番サクセスエナジー
○③番キングズガード
▲⑥番トウケイタイガー
△⑤番エイシンヴァラー
△②番ブルドッグボス
△⑧番カツゲキキトキト

本命は⑦番サクセスエナジー

前走は3角付近からの距離ロスを防ぐために、インへと進路を取ったことが裏目。砂を被ると頭を上げてフワフワとした走りになり、位置を上げることができませんでした。2か月半ぶり快勝からの一戦だっただけに、いわゆる2走ボケという捉え方もできますが、前走に関してはテン乗りが堪えたと見るべき。今回は2戦2勝の松山騎手です。

逃げたいトウケイタイガーが内へ入りましたし、外枠勢に速い馬も見当たりません。トウケイが行けなければこちらがハナを切ればいいですし、そうでなくても外目追走は確実。距離も1400mまでなら、まったく問題ありません。

対抗が③番キングズガード

前走の黒船賞は「タダ貰い」のような一戦でしたが、最後の直線でまさかのイン突き。あの日の馬場傾向を見ていれば、内が伸びないことは誰の目に明らかでしたから、単系の馬券を買っていた方は憤慨されたことと思います。まぁ、2年前も同様のレース運びで、しっかりと取りこぼしているんですけどね・・・。

名古屋は高知ほど極端な馬場ではありませんし・・・と言うよりは、ここも外をブン回しても楽勝できそうな顔ぶれ。問題はむしろ、58キロの方でしょうか。

単穴が⑥番トウケイタイガー

昨年快勝時が52キロ。今回は54キロとなりますから、この点がどうかも久々の前走快勝と勢いは十分。幸い、ここもすんなりとハナが奪えそうな顔ぶれですから、やはり軽くは扱えません。

キングズガードの凡騎乗に助けられた面もあった⑤番エイシンヴァラーですが、とはいえフロックでは片づけられない勝ちっぷりであったことも確か。人気薄快勝の次走は疑いたくなるところですが、こちらも無視はできません。

若干トーンダウンは、②番ブルドッグボス。2~3着には来れそうでも、勝ち切るまでの破壊力は薄れてきた印象。1400mもベスト距離とは言えません。

そして地元の雄・⑧番カツゲキキトキト。1400m【7-1-0-6】ですが、持ち時計は1分27秒1。地元馬同士なら勝ち負けでも、交流重賞ではさすがにスピード不足の感が否めません。最高の競馬、展開でも3着まででしょう。

馬券は⑦番の単勝。馬連⑦-⑥⑨、3連複③⑦-②⑤⑥⑧

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする