【天皇賞・春2018】条件揃った②番チェスナットコートに◎

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

土曜日の一番自信があった馬が、悶絶の4着。流れに乗り切れていない気もしますが、明日はいよいよ天皇賞。ビシッと仕留めます。

今年はGI馬がシュヴァルグラン1頭だけ。重賞未勝利馬も複数出走と、正直寂しい顔ぶれとはなりましたが、だからこそ狙える馬もいるという訳ですね。どこからでも入れる一戦、すなわち波乱決着も十分だということです。

では予想の前に、少しだけレースの傾向などをおさらいしておきましょう。今週は紙面上でも、GIコラムを書きましたので、いつも以上に?勉強しました。

まずは、4歳馬の取捨。セダブリランテスの中山金杯快勝を皮切りに、AJCC(ダンビュライト)、小倉大賞典(トリオンフ)、金鯱賞(スワーヴリチャード)など、とにかく4歳馬が勝ちまくり。結局、大阪杯も上位3着までを4歳馬が独占しました。ここもこの流れ、勢いには逆らえないかなぁと思いましたが、ある点に気づきました。

1800~2200mの中距離重賞では4歳馬が圧倒的なんですが、2400以上の重賞で見てみると【0-2-1-6】。何と何と、1勝もしていないんです。長距離戦はキャリアが重要。ということですね。

続きまして、枠順。内枠有利はもう知られたところですが、やっぱり1枠は無視できません。過去10年で5勝、キタサンブラックやゴールドシップなど力的になるほどと言う馬はもちろんのこと、12番人気マイネルキッツ、7番人気ヒルノダムール、14番人気ビートブラックなど波乱を演出した馬たちも、みんな1番枠でした。

最後に血統。もう血統で馬券が買える時代ではなくなりましたが、やっぱりこの一戦に限っては血統に頼りたくなるというもの。そこで過去10年の傾向を見てみると、ステイゴールド産駒が【3-0–1-12】。そしてハーツクライ産駒が【0-4-3-9】と好相性。この2種牡馬から入れば、グッと当たり馬券に近づきそうですね。ちなみに、ディープ産駒、キンカメ産駒の勝ち馬はいません。

上記3項目を踏まえての予想がコチラ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天皇賞・春2018予想

◎②番チェスナットコート
○⑫番レインボーライン
▲⑪番シュヴァルグラン
△⑧番クリンチャー
△⑥番ガンコ
△④番カレンミロティック
△⑩番サトノクロニクル

本命は②番チェスナットコート

重賞初挑戦となった前走、日経賞で2着と好走。当ブログでも◎としていたので、一気にアクセス倍増へと繋げてくれました。いわば、神様的存在ですね。

その前走。終始余裕がないなぁというレース振りでしたから、間違いなく距離延長は大歓迎。勝ち馬こそいませんが、ハーツクライ産駒はこのレース好相性ですし、今回は最強アイテム「シロボウシ」もGETできました。

そしてもう一つの推し材料が、鞍上の蛯名騎手。これまで15回騎乗し【3-2-2-8】。02年マンハッタンカフェ、13・14年フェノーメノで3勝を挙げ、6番人気ステージチャンプ、4番人気アルナスラインでの2着もありました。連対率は0.333。連対率0.560の武豊騎手には及びませんが、蛯名騎手だって十分「盾男」の資格が与えられてもいい成績でしょう。土曜日の青葉賞をゴーフォザサミットで制して、勢いも十分です。

相手は順当に印通りですが、⑧番クリンチャー、④番カレンミロティックは是非とも押さえてくださいね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>去年の神戸新聞杯はコラボ指数上位3頭で決着!



<コラボ指数1位の馬は馬券に組み込みOK>直近指数1位馬の強さがコチラ↓↓
セントウルS1着、京成杯3着、紫苑S1着、新潟記念1着、新潟2歳S1着、キーンランドC1着
札幌記念1着、北九州記念1着、関屋記念3着、エルムS3着、小倉記念1着、アイビスSD1着・・etcetc




神戸新聞杯~2017年は上位3頭、2016年は上位5頭、2015年は上位6頭で的中してる指数データ
17日中山でも午前中6レース6頭BOX購入で299,350円プラス!!未勝利、新馬戦まで網羅してる情報量
神戸新聞杯2018データはレース当日13時ころ管理人「北条のブログ」にて無料で見れますーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする