【コスモバルク記念2018】オヤコダカの相手はスーパーステション

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日は「しらさぎ賞」の予想、そして園田noteの更新までで力尽きてしまいました。今日は門別でも注目の一戦「コスモバルク記念」が行われますので、そちらの方も仕留めておきましょう。

まず、昨日の門別競馬の結果を見ると、やはり内枠が圧倒的有利の馬場傾向。もちろん頭数や馬の力にもよりますが

  • 1枠【2-1-2-4】
  • 2枠【3-0-1-5】
  • 3枠【0-4-1-6】

9R中5Rが、1~2枠。3枠も勝ち馬こそゼロですが、2着4回と非常に優秀な成績を残しています。

いつまでこの傾向が続くかは分かりませんが、とにかくこのパターンが破綻するまでは追いかけて損はないはず。ここも内枠、先行馬を中心に馬券を組み立てたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コスモバルク記念2018

◎⑦番オヤコダカ
○①番スーパーステション
▲③番ストーンリバー
△⑩番ステージインパクト
△④番ドラゴンエアル
△⑤番スティールキング

本命は⑦番オヤコダカ

昨年は2着スティールキングに4馬完勝。連覇を狙って今年もここから始動するオヤコダカ。瑞穂賞3着、道営記念2着を能力の陰り、他馬の上昇度が上と見るべきか・・・というのがポイントとなりますが、個人的にはエルムSの疲れが抜け切れなかったのではないかと。高速決着でかなりタフな競馬でしたからね。

オフはしっかりと充電できたようですし、この中間も坂路で好時計をマーク。今年も圧巻の独走劇を見せてくれるのではないかと期待します。

問題は相手ということになりますが、その筆頭が①番スーパーステション

水沢のダービーグランプリ快勝後、冬場は川崎へ移籍しての武者修行・・・となる予定でしたが、緒戦の報知オールスターカップで14着惨敗を喫すると、2戦目の金盃は雪で取り止めに。仕切り直しとなった3戦目のバレンタイン賞も1番人気13着と大敗と、何もかもが噛み合わないまま、北海道へと戻ってきました。

環境の変化に戸惑ったのか、原因がどこにあるのかは分かりませんが、王冠賞から始まった5連勝を思い返せば、あそこまで負ける馬ではありませんし、今度はホームに戻っての競馬。

加えてここは絶好枠。オヤコダカの前で運べれば、ある程度可愛がってもらえる可能性がありますし、仮にオヤコダカがハナを切る展開になったとしても、2番手以降は無理には追いかけませんから、平均ペース。どちらにしても、この馬にとっては悪くない展開です。

馬券は①-⑦の馬連。そして3連複2頭軸流し、もしくは3連単フォメ⑦→①→全通り、⑦→全通り→①の組み合わせでいきたいと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする