【福島牝馬S2018予想】福島では負け知らず。⑥番ゲッカコウに◎

こんばんは。某競馬専門紙の穴担当です。

今週で福島競馬も最終週。3週しかなかったので、当然と言えば当然ですが、早いですね。そんな福島オーラスは、牝馬重賞「福島牝馬S」。ローカル重賞ですが、1着馬にはヴィクトリアマイルの優先権が与えられるトライアル。気づきませんでした笑

顔ぶれを見てみると、中山牝馬Sの再戦といったところですが、ハンデ→別定に変わって着順もまた変わりそうですね。では早速、予想の方へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

福島牝馬S2018予想

◎⑥番ゲッカコウ
○④番カワキタエンカ
▲⑤番トーセンビクトリー
△③番レイホーロマンス
△⑪番ワンブレスアウェイ
△⑫番デンコウアンジュ
△⑦番キンショーユキヒメ

以前にもありましたが、予想参加している→では、一度予想を入力してしまうと変更ができないため、ブログと予想が異なる場合があります。いずれにせよ、最終決断はこのブログになりますので、ご注意ください。

と前置きしておいて・・・。

アチラではトーセンビクトリーを本命にしたのですが、ゆっくりとご飯を食べて考え直してみると、別の馬が浮上してきました。それが⑥番ゲッカコウ

前走の中山牝馬Sは、前半36.9-49.2-61.3の超スロー。勝ったカワキタエンカにとって最高の展開となりましたが、スローの瞬発力勝負が苦手なこの馬にとっては最悪の展開。ロージズインメイ産駒に「あの流れを差して来いっ!」と言うのは、非常に酷な話。むしろ、0秒4差に踏み止まった点を評価したいところです。

中山牝馬Sの再戦ムードと見れば、今度はカワキタエンカを楽に逃がせることもあり得ないでしょうし、ましてやここは、ブリンカー着用で行く構えを見せる⑧番ノットフォーマルもいますからね。ハイペースはありませんが、適度に前が流れる展開でしょう。

加えて福島コースは、2戦2勝と負け知らず。ここは完璧に条件が揃いました。Goです。

対抗は④番カワキタエンカ

今度はペースが緩まないと言いつつも、昨秋のローズSでは1000m通過58.6で飛ばして粘った馬。自分の形に持ち込めさえすれば、案外ペース云々は関係ないのかもしれません。

単穴が⑤番トーセンビクトリー

残念ながら、GI云々のレベルではなくなりましたが、それもこの血統の味でしょうか。しかし6歳とはいえ、極端に枯れた印象もなく、近走もGIを除けば大崩れなく安定しています。全6勝中4勝がこの距離で、コーナー4つの舞台が得意。福島初参戦は意外な気もしますが、トーセンと言えば福島馬主。勝負気配と見る手もありそうです。

連勝中の馬は負けるまで狙えと言われますが、それはコース実績に置いても同じ。馬券は⑥番ゲッカコウの単複。そして馬連で流したいと思います。ワイドなら、⑦⑫番のメイショウサムソン産駒2騎がオススメ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする