【東京スプリント2018】東京盃の再現!⑦番キタサンミカヅキに◎

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

ブリリアントカップは新設重賞ということもあって、かなり多くのアクセスを頂いたようです。しかし結果は・・・。

それにしてもリッカルドは強いですね。終始、外目を抜群の手応えで追走。いつでも抜け出せる余裕綽々のレース運びで、2000mも何ら問題ありませんでした。もうひと花を期待しての移籍かと思っていましたが、いやいや、むしろ中央在籍時よりも強さを増したような印象さえありますね。かしわ記念、帝王賞へ進んでもイイところまで行けそうな気もします。

さて明日のメインは、交流重賞の「東京スプリント」。

先日、高知で行われた黒船賞では1・3着馬が地方所属馬。牝馬戦線は相変わらず中央勢圧倒の傾向ですが、牡馬の短距離路線はむしろ地方勢の方が優勢と言えます。もちろん、今回も・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京スプリント2018予想

◎⑦番キタサンミカヅキ
○④番ブルドッグボス
▲③番グレイスフルリープ
△⑯番ニシケンモノノフ
△⑬番ネロ
△⑨番アピア

本命は⑦番キタサンミカヅキ

移籍緒戦を重賞勝利で飾ると、続く東京盃では中央馬を撃破。さらにJBCスプリントでは0秒1差3着と、リッカルド同様こちらも南関東の水が合ったと言える内容。1400~1600mの前3走もキチッと脚は伸ばしていますが、やはりこの馬のベストはこの距離。

ニシケンモノノフは大外枠の58キロ。ブルドッグボスも乱ペースに巻き込まれる可能性があり、軸としての安定感はこの馬が一番という感触。ここは東京盃の再現に期待していいでしょう。ココ一番の仕上げでは、他の追随を許さない佐藤賢厩舎ですし(火曜日のJRA交流を快勝したダイリュウハヤテも、マイナス4キロと究極の仕上げ)状態面の不安もありません。

対抗が④番ブルドッグボス

前走は結果的に早く動いてしまった印象。それでも差は0秒1差ですから、こちらもキタサン同様、1200mに戻ればでしょう。あとはしっかりと道中我慢が利くかどうかだけ。

単穴が③番グレイスフリープ

550キロ近くある巨躯で、叩き2戦目【3-1-0-4】の良績。コリアスプリントも兵庫GTもともに叩き2戦目での一変でした。1400mでの重賞勝ちもありますが、どちらかと言えばこの馬も1200m向き。ここは好走条件が揃っています。

馬券はまず単勝ズドン。そして○▲2頭の馬連。ワイドを保険で・・・って感じで買おうかと思います。

最後にブルドッグボスの調教動画↓

実はこの調教動画のリンクを貼った時の成績を見てみると

  • 黒船賞・ブルドッグボス(3着)
  • 弥生賞・アンサンブルライフ(2着)
  • クラウンC・スプリングマン(1着)
  • ブリリアントC・タービランス(2着)

すべて馬券内・・・。◎と○を入れ替えようかなとモヤモヤしてきました(笑)

あとその他のおススメ馬はコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ


菊花賞2018のコラボ指数データが準備開始してます。
やはり気になりますよね?!指数1位!
近年1着2着は指数上位4位以内が入線してるコラボ指数データ。
今回菊花賞、そして天皇賞まで無料で公開されるのでお得ですよね?!



この赤枠に入る指数値を当日北条のブログで最終見解とともに確認してみてください。
菊花賞コラボ指数データ推奨上位6頭を見る(無料)
確認メールきたらクリックしてログイン!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする