【東海クイーンカップ2018】1800mで躍進!⑩番プラチナクインに◎

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

火曜日から各地で重賞が組まれ、明日も大井で東京スプリント。そしていよいよ門別競馬が開幕と、とにかく忙しいのひと言。

手当たり次第、レースを見ては馬券を買っているワタクシにとって、フトコロとの相談が続きそうですが、皆さんの予想の一助となれればなんて思いつつ、追加入金してきます。

さて、本日の名古屋競馬のメインは、重賞「東海クイーンカップ」。

特別、グランダムシリーズに注目しているわけではありませんが、今回はなかなかオモシロイ顔ぶれ。少し馬券の買い甲斐のある馬もいましたから、予想をUPしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東海クイーンカップ2018予想

◎⑩番プラチナクイン
○⑧番レコパンハロウィー
▲①番レッドエルム
△⑦番ノートゥルレーヴ
△⑪番ウォーターループ
△⑤番バジガクアリア

ここは距離不安がつきまとう馬が大半。今回と同条件で行われた「梅桜賞牝馬」がひとつの目安となりそうで、そこで2着だったレコパンハロウィー、5着レッドエルムは距離が延びてマイナスはないでしょう。○▲評価。

⑦番ノートゥルレーヴは、船橋所属で単純に力が違う可能性もありますが、取消後明けで初距離。過度の期待は禁物と言わざるを得ません。

③番リボース、⑪番ウォーターループは展開利が見込めそうですが、1800mをこなすスタミナはなさそうですし、⑤番バジガクアリアは、名古屋所属馬ながら当地【0-0-0-7】。好走例はすべて笠松競馬場です。

となると、若干消去法となってしまいますが、本命は⑩番プラチナクイン

ここまですでに16戦を消化していますが、ブライアンズタイム→フリオーソの父系は、もともとが叩き上げタイプ。使いつつレース振りも良化してきましたし、距離を延ばして末脚に安定感も出てきました。

母クインオブクインは現役時14勝を挙げ、交流重賞のクイーン賞2着という実績も残した女傑。父母両系から距離延長は間違いなくプラス。スムーズに外目を追い上げられるこの枠も好材料です。

馬券は単複に加えて、馬連・ワイドで⑩-①⑧の2頭へ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018