【アンタレスS2018】今年も名古屋大賞典組!◎は⑮番ミツバ

某競馬専門紙の穴担当です。続いて、阪神のメイン「アンタレスS」の展望へと移ります。

春のダート総決算・帝王賞へと繋がる一戦。今年はダート5戦全勝の①番グレイトパールに注目が集まりますが、骨折で約1年振りの実戦。他馬にも付け入る隙は十分にありそうですが・・・?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンタレスS2018予想

◎⑮番ミツバ
○①番グレイトパール
▲②番ナムラアラシ
△⑤番トップディーヴォ
△⑪番メイショウスミトモ
△⑫番ユラノト

本命は⑮番ミツバ

昨秋のJBCクラシックを0秒2差3着と好走すると、続くチャンピオンズCも6着とはいえ、差は僅かに0秒4差だけ。バリバリのGI級とまでは言えませんが、相手・展開ひとつで十分チャンスがあるレベルにはあります。

復帰戦となった名古屋大賞典が2着。久々好発進、そしてステップに選んだのがこのレースと言うのが、今回に繋がるわけです。

阪神に舞台を移した過去6年を見てみると、最も好成績を残しているのがこの名古屋大賞典組で【3-1-0-3】。16年アウォーディー、17年モルトベーネと2年連続で勝ち馬を送っており、2着まで手を広げると15年2着アジアエクスプレスもこのステップ。目下3年連続で連対中となっています。今年もこの流れには逆らえそうにありません。

対抗が①番グレイトパール

骨折明けで1年振り。常識的にはひと叩きしてからですが、ダート5戦全勝から規格外の可能性も秘めています。ダノンプレミアムの回避により、追わせるタイプですから、前走に引き続き川田騎手が手綱を執ることは何より。ピンパーの気もしますが、蹴るのはさすがに無謀ですね。

単穴が②番ナムラアラシ

目下2連勝と充実顕著。展開の恩恵もなく差し切った前2走を見ると、一気に本格化してきたなという印象。引き続き、得意の阪神コースですから、重賞でも!と言ったところでしょう。

△の中で穴っぽいのが、⑪番メイショウスミトモ

前走はスタート直後に落馬と残念な結果に終わりましたが、乗り込み自体はすぐに再開。ダメージはないと判断したいですね。6走前にシリウスS、そして4走前に名古屋GPを快勝。崩れた3戦(チャンピオンズC・川崎記念・フェブラリーS)はすべてGIですし、すべて左回りと敗因ははっきりしています。ベストの右回りに戻れば、反撃必至です。

馬券は馬連・馬単で流そうかと思いますが、名古屋大賞典馬券⑪-⑮のワイドも押さえようと思います。というか、もう押さえました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする