【桜花賞2018】紙面◎はアーモンドですが、閃いたのは⑤番レッドサクヤ

Couleur / Pixabay

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

土曜の仕事終わりに軽く一杯のつもりが、さきほど帰宅。結構眠たいですが、大一番の桜花賞がまだ更新できていませんので、頑張って更新します。

明日は二日酔いかもしれませんが、それを望んでいる!?方もいらっしゃったりして・・・(と言いつつ、寝落ちしてしまいました。)

ではサクッと桜花賞の予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜花賞2018予想

◎⑤番レッドサクヤ
○①番ラッキーライラック
▲④番アンコールプリュ
△⑬番アーモンドアイ
△⑨番リリーノーブル
△⑰番マウレア
△⑯番フィニフティ

実は紙面上の本命は、⑬番アーモンドアイ。専門紙は木曜夜~金曜の朝に印を打たなくてはいけないので、その後心変わりをしても変更がききません。しかしよくよく考えてみたら違うな・・・と思うこともしばしば。今回の桜花賞もまさにそのパターン。

シンザン記念は切れたもんなぁと、安易に◎を打ってしまいましたが、1月以来の実戦がGI。さらに出遅れ癖がある馬ですから、フルゲート18頭を捌き切れるかどうか・・・の不安も出てきました。

そこで閃いたのが、⑤番レッドサクヤ

出世レースと知られるエルフィンSの勝ち馬。05年エアメサイア、07年ウオッカ、09年レッドデザイア、11年マルセリーナ、15年クルミナルなど、エルフィンS→桜花賞連対という実績もあります。

唯一崩れた赤松賞④着は、初めての長距離輸送に加えて直線ではゴチャつく不利。左回り芝1600mでは【2-1-0-0】と完璧な成績で、レースが組み立てやすそうなこの枠も好材料。

鞍上の松山騎手も昨日のニュージーランドTをカツジで制覇。いかにも好リズム。勢いを買います。

対抗は無難に①番ラッキーライラック

前哨戦も完璧な競馬で、時計も短縮。死角らしい死角が見当たらない、そんな印象です。問題となるのは過去10年【0-0-1-19】の1番枠ですが、好位から自力で動いた前走の競馬ができれば、むしろロスがないぶんプラスとも言えます。気にしなくていいでしょう。

単穴が④番アンコールプリュ

前走はスタート後手、競走中止馬のアオリをモロに受けて後方からの競馬。それでもラストはしっかりと伸びてきました。母や姉たちよりもスケールは大きいですが、GIではワンパンチ足りない血脈。そこがどう出るかですが、現在9番人気。これなら狙う価値もありそうです。

馬券は、⑤番レッドサクヤの複をガッツリ。あとは馬連・ワイドで流す感じでいきます。

あと中山競馬のおススメはコチラに↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする