【ダービー卿CT2018】1600mで覚醒します。◎⑥番テオドール

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日、大阪杯はもちろん、ドバイも頑張っちゃおうかなぁなんて調子のいいことを言っていましたが、様々な条件が重なり、無理だと気付きました。後輩が「ドバイは自信がある!」と言っていたので、どこかで披露できればいいなと思います。

さて、土曜日のメインは、中山競馬場で行われる「ダービー卿CT」。ハンデ戦で難解ですが、先週に引き続きビシッと決めたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダービー卿CT2018予想

◎⑥番テオドール
○②番レッドアンシェル
▲①番アデイインザライフ
△⑨番ヒーズインラブ
△③番キャンベルジュニア
△④番グレーターロンドン
△⑦番ゴールドサーベラス

本命は⑥番テオドール

前走に白富士Sは、2番人気⑤着。逃げたマイネルハニーがそのまま押し切ったことを思えば、2番手追走からの失速は正直物足りませんが、ここまでクラスが上がると2000mが長いということでしょう。

6走前の鹿野山特別(芝2000m)を、1分58秒7で乗り切ったスピード能力。阪神JF②着の実績を持つ母アンブロワーズからも、適性はこの距離でしょう。未勝利時とはいえ、現にこの距離【1-2-0-0】と連対パーフェクト。ハンデも54キロも手ごろ、中山コースも3勝マークのベスト舞台。覚醒しちゃいます。

対抗が②番レッドアンシェル

前走の京都金杯は、1番人気③着と期待を裏切る形となりましたが、いつもより一列後ろの位置取りとなったことが敗因でしょう。やはり、器用さを生かす形でこその馬。枠もイイところが当たった今回は本領発揮が見込めます。

単穴が①番アデイインザライフ

前走は長期ブランク明け。それでも勝負どころ進出の脚は迫力十分で、さすがと思わせるものでした。ひと叩きでガラリ・・・はさすがに酷かもしれませんが、前走内容から能力減もありません。

馬券は、⑥番の単勝。そして馬連で印へ流します。

その他のおススメ馬はこちら↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする