【京浜盃2018予想】2強に割って入るのは⑧番レベルスリー

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の大井競馬は、5R>9R>10R>2Rの順番で自信ありと言いましたが、結果は自信度2番目の9Rが的中。2Rも一応本命馬が勝ちましたが、圧倒的1番人気でしたから、そう大した話ではありません。ちなみに1番自信があった5Rは、悶絶の④着でした・・・。

そんな中、lineでもいくつかのメッセージを頂き、明日の大井メイン「京浜盃」の予想もよろしくお願いします!との有難いお言葉を頂きました。頑張ります!

では、明日の京浜盃の予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京浜盃2018予想

◎⑧番レベルスリー
○⑫番ハセノパイロ
▲④番ヤマノファイト
△②番ワグナーコーヴ
△⑬番クロスケ
△⑤番クリスタルシルバー

本命は⑧番レベルスリー

JRA1勝はダ1200mでしたが、移籍後の3戦はすべて1600mで【1-1-0-1】。移籍緒戦は力の違いで捻じ伏せましたが、2走前のニューイヤーCは痛恨の出遅れ。1頭だけまともに出遅れてしまい、勝負どころでも外を回す雑な競馬。最後はトーセンブルに伸び負けしての④着でしたが、スムーズに走れていれば・・・の念だけが残りました。

続く雲取賞では課題のゲートをスムーズに出て、ラストもしぶとい伸び。今回も対戦するワグナーコーヴを捉えることはできませんでしたが、一戦ごとの成長を感じる内容だったと思います。4角から追い通しだったことも踏まえれば、おそらく距離が延びていいタイプ。1600→1700mは大歓迎でしょう。

母メイショウオスカルは芝1800~2000mの重賞2勝で、父アグネスデジタルなら、もうワンランク上の活躍が見込める馬。2強に割って入るのはこの馬を置いて他にはいません。

対抗が⑫番ハセノパイロ

ニューイヤーC6着は意外でしたが、小回りコースで力を出し切れなった面も。楽な手応えで抜け出したハイセイコー記念から、大井に戻る点は好材料ですし、全日本2歳優駿③着からも能力は一枚上。距離延長も問題ありません。

3番手がそのニューイヤーCを快勝した④番ヤマノファイト

門別在籍時からとにかく勝負強いレース振りが印象的で、大崩れがないタイプでしょう。門別で右回りも経験済みなら、初めての大井コースも死角とはなりません。重賞連破も十分です。

馬券はまず⑧番の単複。そして馬連・3連複で印へ流す感じがベストかなと思います。

あと1Rは、②番ゴールドアスティが面白そうですね。これでスタートダッシュが決まれば最高です。

その他のおススメレースはコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする