【日経賞2018予想】③番チェスナットコートに◎。勢い乗ってマス

お疲れ様です。某競馬専門紙の穴担当です。

今週は中京競馬場で、GI・高松宮記念が行われます。水曜日に寒の戻りがあったとはいえ、週末はポカポカ陽気のようで、いよいよ春本番といった感じ。LIVE観戦に相応しい季節です。

さて、明日は中山競馬場で天皇賞・春の前哨戦となる「日経賞」。そして阪神では皐月賞への最終便となる「毎日杯」が行われます。この2重賞を中心に、予想を挙げていこうと思います。よろしくお願いします。

ではまずは日経賞から参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経賞2018予想

◎③番チェスナットコート
○⑦番トーセンバジル
▲④番ロードヴァンドール
△⑭番キセキ
△⑫番ガンコ
△⑪サクラアンプルール

本命は③番チェスナットコート

初勝利まで6戦、そして500万を勝ち上がるまでに4戦と、昨秋まではどこにでもいそうな条件馬でしたが、続く1000万を2戦でクリアすると、準オープンは1発回答。馬自身の成長ももちろんですが、相手が強くなるにつれて強さを増すのが、ハーツクライ産駒の特徴でもあります。

そこで少しだけ調べてみました。5000万以上稼いだハーツクライ産駒を対象に、初めて重賞(芝)へ挑戦した時の成績を・・・。そして結果がコチラ。

【7-8-6-1-33】

かなり好成績とは思いません? そして勝ち馬7頭(赤字は牝馬)の人気を見てみると

  • カレンミロティック(3番人気)
  • フェイムゲーム(7番人気)
  • リスグラシュー(1番人気)
  • コレクターアイテム(1番人気)
  • アドマイヤミヤビ(1番人気)
  • ロジクライ(8番人気)
  • アドマイヤエイカン(2番人気)

牝馬はすべて1番人気ですので、力通りという結果になりますが、牡馬は7、8番人気での快勝と、馬券的妙味十分と言えそうです。

ハーツクライ自身も、新馬→きさらぎ賞5番人気3着。そして有馬記念でディープを粉砕し、初めての海外挑戦となったドバイシーマクラシックを4馬身独走。ハリケーンラン、エレクトロキューショニストと叩き合ったキングジョージ6世など、敵が強いほどパフォーマンスが上がったお馬さんでしたね。

ここは血のロマンも含めて、期待します。人気的にもイイところですから。

対抗が⑦番トーセンバジル

2走前の京都大賞典では、シュヴァルグランに先着しての2着。しかも終いから伸びてくる競馬ではなく、好位から抜け出す正攻法。元々、早い時期から活躍していましたが、ここに来てもう一段ステップアップしてきたような気がします。前走の香港ヴァーズも「勝っちゃうかも!?」という内容。初重賞制覇のチャンスが巡ってきました。

3番手が④番ロードヴァンドール

ダイワメジャー産駒ながらも芝長距離で活躍と異色のタイプですが、横山典騎手との手が合うこともあるのでしょう。前2走は非常に好内容でした。トビが大きく、小回りコース?でも、ここは同型馬不在。残り目があって当然の顔ぶれです。

馬券は、③番の単複。そして馬連・ワイド③-④⑦でいかがでしょうか。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ

<PR>去年の神戸新聞杯はコラボ指数上位3頭で決着!



<コラボ指数1位の馬は馬券に組み込みOK>直近指数1位馬の強さがコチラ↓↓
セントウルS1着、京成杯3着、紫苑S1着、新潟記念1着、新潟2歳S1着、キーンランドC1着
札幌記念1着、北九州記念1着、関屋記念3着、エルムS3着、小倉記念1着、アイビスSD1着・・etcetc




神戸新聞杯~2017年は上位3頭、2016年は上位5頭、2015年は上位6頭で的中してる指数データ
17日中山でも午前中6レース6頭BOX購入で299,350円プラス!!未勝利、新馬戦まで網羅してる情報量
神戸新聞杯2018データはレース当日13時ころ管理人「北条のブログ」にて無料で見れますーコチラ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする