【中山競馬3/18】スプリングSのあとが勝負レースです

こんにちは。某競馬専門紙の穴担当です。

若葉Sで1.2倍と断然の支持を集めたタイムフライヤーが、まさかの4着敗退。

悠長に構えすぎじゃない?と思って観ていましたが、それと同時にホープフルSは低レベルだったのでは?という思いを強くしました。

それを証拠にホープフルSの上位入線馬のその後を確認しみると

  • ②着ジャンダルム→弥生賞③着
  • ③着ステイフーリッシュ→共同通信杯⑩着
  • ④着サンリヴァル→弥生賞④着
  • ⑤着ナスノシンフォニー→不出走
  • ⑥着ルーカス→スプリングS??

馬券となったのは、ジャンダルムの③着1回だけ。明日のスプリングSに出走するルーカスがどのような結果を残すかで、レースレベルが確定すると言ってもいいでしょう。

そしてもうひとつ、レベルに怪しさを残すのが、同じ中山芝2000mで行われた京成杯。

ホープフルSが2分1秒4の決着に対して、京成杯は2分1秒2。時計がほぼ同じですし、京成杯の上位馬のその後を見てみると、2着コズミックフォースはすみれS1番人気5着。3着イェッツトもゆりかもめ賞1番人気7着と結果を残せませんでした。

となると、スプリングSは「ホープフルS」「京成杯」組を除いて買うのがベスト?

そのあたりも踏まえて、スプリングSの印へと参りましょう。勝負レースはそのあとなんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプリングS2018予想

◎⑧番ステルヴィオ
○⑤番エポカドーロ
▲⑫番マイネルファンロン
△①番バールドバイ
△②番ルーカス
△④番レノヴァール
△⑪番ゴーフォザサミット

本命は⑧番ステルヴィオ

ここまで4戦2勝。負けた相手がダノンプレミアムだけですから、この顔ぶれなら負けられないところでしょう。ロードカナロア産駒でも、前2走は脚を余し加減。距離が延びて良さが出る異色のタイプと言えるかもしれません。

対抗が⑤番エポカドーロ。逃げて連勝も控える形が問題ない馬。内のコスモイグナーツを見ながらの番手なら大丈夫でしょう。

単穴が⑫番マイネルファンロン。祖母が中山芝1800mのフラワーCを勝ったマイネヌーヴェル。父ステイゴールドは昨年の勝ち馬ウインブライトを送っていますし、中山専用血統と言えるかもしれません。単の魅力はこの馬かなと。

そしてここから本番。最終12レースが、本日の中山勝負レース。

終わり良ければすべて良しでもいいですし、ここだけ参戦しての勝ち逃げもOKです。

1000万の平場戦で人気も読みづらいところですが、本命は⑫番アスタリスク

この中山ダ1800mで全3勝をマーク。とにかくこの舞台に絞ったローテで、今回で4回連続の出走となります。

前走3着は惰性で動いてしまった感もありましたが、最後までしぶとく抵抗。もう現級突破は時間の問題というところまでは来ています。

ここは2走前の1分53秒6だけ走れば足りる力関係ですし、強力な先行馬も不在。前走の競馬でも粘り込めるはず。

相手①③⑤⑥⑪⑬番あたりですが、馬券は単複メインで行きたいと思います。

その他の中山競馬はコチラ↓

阪神はコチラ↓

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする